編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
PTC LiveWorx

成功するARと自爆するAR--導入企業が指南

鈴木恭子

2016-06-13 07:30

 米PTCは6月7日(米国時間)、米国マサチューセッツ州ボストンで開催したプライベートコンファレンス「LiveWorx 2016」(6月6日~9日)で、企業向けAR(拡張現実)の開発プラットフォームである「Vuforia Studio Enterprise」を発表した。

 同社が2013年12月に買収したIoTプラットフォーム「ThingWorx」を基盤に、AR開発環境である「Vuforia」の要素技術と連携している。3次元CADデータは、同社の「Creo」だけでなく、他社の3次元CADデータも取り込め、完成したARコンテンツは、iPadなどのデバイスで表示できる。プログラミングの知識がなくても、短時間でARコンテンツを作成できるのが、最大の特徴だ。(関連記事

基調講演では「Vuforia Studio Enterprise」の活用事例が紹介された
基調講演では「Vuforia Studio Enterprise」の活用事例が紹介された

米PTC Vuforia Studio担当 エグゼクティブ バイスプレジデントのMike Campbell氏

 米PTCでVuforia Studio担当 エグゼクティブ バイスプレジデントを務めるMike Campbell氏は、「Vuforia Studio Enterpriseを利用すれば、製造現場でのメンテナンス作業の効率化や、開発設計段階での大幅な時間短縮が実現する」と胸を張る。

 これまでARは、コンシューマ向け製品の機能として注目されることが多かった。Vuforia Studio Enterpriseの登場で、ARはエンタープライズ市場にも普及するのだろうか。6月8日に開催されたブレイクアウトセッション「AR in the Enterprise」では、ARのユーザー企業を交え、エンタープライズにおけるAR活用の可能性とその課題を語った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]