編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
PTC LiveWorx

成功するARと自爆するAR--導入企業が指南 - (page 2)

鈴木恭子

2016-06-13 07:30

AR活用の秘訣は「ステップバイステップ」の導入

 「ARはマーケティングツールとして活用できる」と語るのは、フィンランドの通信大手ElisaでIoT担当バイスプレジデントを務めるMarkku Hollstrom氏だ。「レストラン向けにコーヒーメーカーを販売する会社は、同製品の操作マニュアルをARコンテンツで作成し、タブレットで見られるようにした。これにより、操作ミスによるコーヒーの無駄を削減できた」と、すでにARが成果を上げていると語る。

フィンランドの通信大手ElisaでIoT担当バイスプレジデントを務めるMarkku Hollstrom氏
フィンランドの通信大手ElisaでIoT担当バイスプレジデントを務めるMarkku Hollstrom氏

 コンプレッサなどを提供する米Ingersoll Randでエンジニアリング IT担当ディレクターを務めるDominic Hand氏は、自社の経験から「遠隔にある機器のモニタリングやトラブルシューティングに有効だ」と説明する。特定機種のメンテナンスには、専門知識が必要になる場合も多い。熟練工にARコンテンツは必要ないかもしれないが、現場には管理画面のコントロールパネルを理解できない担当者もいる。そのような状況においては、視覚的に分かりやすいARコンテンツは役に立つという。

 2007年、Ingersoll RandではARコンテンツの作成を試みたものの、「時間とコストがかかりすぎた」(Hand氏)ため、その開発を断念した経験がある。「ARは3Dコンテンツをシンプルに可視化し、その拡張性は無限大だ。(Vuforia Studio Enterpriseの登場で)ようやくAR活用の機が熟したという印象だ」と述べた。


米Ingersoll Randでエンジニアリング IT担当ディレクターを務めるDominic Hand氏

 また、Hand氏は、「ARはビジネスアプリケーションとして組み込むことが重要だ」と説く。例えば、製造現場で利用しているアプリケーションのカスタムユニットとして活用することで、既存の作業をより効率化するといった使い方だ。

 Campbell氏も「3Dコンテンツを簡単に可視化できるメリットは、(既存作業の)効率化とスピード化だ」と指摘。ARの普及が期待される業種・業界については、製造業、船舶、工場のオペレーション、都市のインフラなどを挙げた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]