編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

NEC、LoRaWAN準拠のネットワークサーバを提供開始

NO BUDGET

2017-11-17 13:41

 NECは11月15日、無線通信技術「LPWA(Low Power Wide Area)」の規格の1つである「LoRaWAN」に準拠した通信事業者向けネットワークサーバを12月に発売する。今後3年間でグローバルに30社への提供を目指す。

 新製品は、LoRaWAN対応ゲートウェイを介して同規格に準拠するセンサデバイスと接続する。ID管理、データレート制御、チャネル割り当てなどが可能で、複数の企業やサービス事業者による同一センサデバイスの共有や、それぞれが保有するセンサデバイスの制御などに対応する。また、LoRaWANを活用したさまざまなサービスアプリケーションとの連携が可能なWebAPIを提供するため、センサデバイスから収集したデータの活用が容易になる。

 LPWAは、少ない消費電力で、キロメートル単位の距離を通信できる無線通信方式。機器のバッテリ消費を抑えながら、データを収集する基地局まで電波を届けられるため、IoT(モノのインターネット)向けの利用拡大が見込まれている。LoRaWANは、LoRa Allianceで規格化が進められている低消費電力の広域ネットワークプロトコル。

LoRaWANに準拠したネットワークサーバの接続イメージ
LoRaWANに準拠したネットワークサーバの接続イメージ(出典:NEC)

 ネットワークサーバは、大井電気など複数のLoRaWAN対応ゲートウェイとの接続検証を完了しており、それらと組み合わせて通信事業者へ提供していく。NECでは、ネットワークサーバ単体だけでなく、センサデバイスからアプリケーションまでをトータルソリューションとして提供していく方針。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]