編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

グーグル、「BigQuery」向けデータ転送サービスの一般提供を開始

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-11-20 11:16

  Googleは米国時間11月16日、「Google BigQuery」向けのデータ転送サービス「BigQuery Data Transfer Service」の一般提供を開始したと発表した。

  このデータ転送サービスを利用すると、Googleの広告関連サービス(「Adwords」、「DoubleClick Campaign Manager」、「Double Click for Publishers」、「Youtube Analytics」)のデータを自動的にBigQueryに転送できる。

 同サービスが一般提供版(GA版)になったことにともない、「DoubleClick Campaign Manager」や「DoubleClick for Publishers」に対するサポートもGA版となった。またGoogleの顧客は、同サービスによって配信されるデータとともに分析するデータを「Cloud Dataprep」を用いて準備できるようになった。

 同サービスには、顧客管理型スケジューリング(customer-managed scheduling)という、顧客自身がデータ配信スケジュールを設定できる機能も新たに搭載されている。また、データ配信に関するサービス水準合意(SLA)も新たに提供されている。同サービスは現在、BigQueryと同じロケーションで運用されるようになっているため、利用可能性と信頼性も向上しているはずだ。


提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]