編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

電通、オランダ最大のオムニチャネルCRM会社の株式78.8%を取得

NO BUDGET

2017-11-30 06:00

 電通は、同社の海外本社である電通イージス・ネットワークがオランダの最大のオムニチャネルCRM会社Oxyma Groupの株式78.8%の取得および今後完全子会社化するオプションを同社グループが有することについて、同社株主と合意した。

 Oxymaは2000年に設立され、キャンペーンの運営・管理など伝統的なマーケティングビジネスからスタートした。現在では300人を超えるマーケター、データサイエンティスト、ITなどの専門家を抱え、モバイルやSNSを含むデジタルメディアを活用したデジタルマーケティング、そしてメディアのチャネルを超えたCRMコンサルティングに強みを持つ企業へと成長している。オランダのeビジネス/マーケティング業界誌Emerceが2017年に発表した「Emerce 100」において、Oxymaは「アナリティクス」「デジタルマーケティング」「Eメールマーケティング」「モバイル&ソーシャルコンテンツ」の分野でベストパフォーマー企業に選出された。

 今回の買収の目的について電通は、データ分析をもとに企業のマーケティング活動を支援する同社グループのグローバルブランド「Merkle」(本拠地:米国メリーランド州)の、同サービス領域におけるグローバルリーダーとしての地位をさらに高めることにあり、電通はこの買収がMerkleのオランダ市場および欧州地域におけるデータ分析サービスの機能と規模を拡充するグローバル戦略に合致すると判断したとのこと。

 買収後、電通はOxymaをMerkleのグローバルネットワークに組み込み、ブランド名を「Oxyma, a Merkle Company」に改称してグループ各社との連携を密にすることで、オランダ市場および欧州地域での成長戦略を加速させていく。Merkleの欧州地域における専門スタッフは1000人を超えることになるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]