メールソフト多数で「Mailsploit」の脆弱性発覚--スパム対策も回避

ZDNet Japan Staff 2017年12月07日 11時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 多数のメールソフトに共通する脆弱性「Mailsploit」が公表された。脆弱性を悪用すれば、送信者を容易に偽装して送信ドメイン認証による対策を迂回できるほか、コードインジェクションも可能だという。

 脆弱性を公表したセキュリティ研究者のSabri Haddouche氏によれば、Mailsploitの脆弱性は1992年に策定された「RFC-1342」に起因する。RFC-1342は、メールヘッダー内で非ASCII文字をエンコードする方法を提供しているが、多くのメールクライアントやウェブベースのインターフェースではエンコード後にサニタイズが適切に行われないという。改行やヌルバイトといった制御文字の組み合わせを使用することで、元のメールアドレスのドメイン部分の隠ぺいあるいは削除、変更が可能になるという。

 送信ドメイン認証が迂回される理由としては、送信ドメイン認証では受信メールを検証する際に送信元のドメインなどを参照することで送信元を確認しているが、攻撃者はMailsploitを利用して送信元のドメイン自体を詐称することで検証を回避させることができる。さらには、送信ドメイン認証で「検証済み」を受信者に通知されてしまう恐れがあり、受信者は脆弱性を悪用した攻撃に気付くのが事実上不可能だとしている。

 一部の製品では、コードインジェクション型の攻撃も可能とし、Haddouche氏はクロスサイトスクリプティング(XSS)のデモを公表している。

 Haddouche氏の検証では、少なくとも33製品で脆弱性が見つかり、4、5カ月前からベンダー各社と連絡を取っているという。このうち20製品についてはベンダーが修正対応などに取り掛かったが、MozillaとOperaはサーバ側の問題だとして修正を見送ったという。12製品については、ベンダーが対応方針を公開しなかった。同氏は、影響を受ける製品のリストやベンダーの対応状況も公開した


研究者はDonald Trump米大統領に詐称した脆弱性利用のデモも公開している

 Haddouche氏は、脆弱性の影響を受ける製品のユーザーに対して、ソフトウェアアップデートが利用可能であれば、速やかに最新版へ更新するようアドバイスする。また、メールの必要性が低いのであれば、できるだけメールの使用を控えるべきとも勧告した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算