編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

クラウディアン、ディープラーニング学習システムにS3 APIを独自追加

NO BUDGET

2017-12-14 08:34

 クラウディアンは、「NVIDIA Deep Learning GPU Training System(DIGITS)」のバージョン6.1のインターフェースにS3 APIを開発、追加した。これにより、ディープラーニング技術を使うソフトウェア開発において、同社のS3互換オブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HYPERSTORE」に保存する大量データを簡単に利活用できるようになるという。

 NVIDIAが開発するDIGITSは、画像分類、セグメンテーションおよびオブジェクト検知のために、高精度のディープニューラルネットワーク(DNN)を迅速にトレーニングできるソフトウェア。GitHubでソースコードが公開されており、クラウディアンはその環境を使ってDIGITSとS3互換オブジェクトストレージとの連携を可能にする開発を行った。

 HYPERSTOREは、世界中のクラウドサービスやアプリケーションが採用するS3 APIをネイティブのインターフェースとして7年前に開発されたオブジェクトストレージ製品。スモールスタートでスケールアウトでき、APIで操作できるクラウドと同様のストレージシステムを、ユーザーのデータセンター内に構築・運用することが可能となる。世界中のクラウドサービスやエンタープライズITのストレージシステムに商用採用されており、最近では、インターネット経由で24時間センサログやネットワークカメラ映像を集め続けるIoTや、大量データを使い学習するディープラーニングなどの大量データ保管のためにも活用され始めているという。


S3 APIインターフェースを追加したDIGITS

 代表取締役社長の太田洋氏は、「ディープラーニングは、大量データを学習することで認知精度を高め、大量データが想定外であった従来型ストレージ装置は、人工知能開発には適していないん。DIGITSと容量無制限のHYPERSTOREが連携することで、膨大なデータを自在に使うAI開発ができる」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]