編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

グーグル、中国にAI研究センターを開設--「この種の研究施設はアジア初」

佐藤信彦

2017-12-14 15:21

 グーグルは、中国の北京に人工知能(AI)専門の研究センター「Google AI China Center」を開設すると発表した。アジアでこの種の研究センターを設けるのは、これが初めてだそうだ。


Google Developer Daysの場で研究センター開設を発表(出典:グーグル)

 同センターのAI研究者チームはAIの基礎研究に主眼置き、グーグルの中国法人であるGoogle Chinaの技術者グループからの協力を得る。そして、ニューヨーク(米国)、トロント(カナダ)、ロンドン(英国)、チューリッヒ(スイス)の研究チームと連携していく。

 さらにGoogle AI China Centerは、AI関連のカンファレンスやワークショップに対する資金援助やスポンサー活動を通じ、AI研究コミュニティを支援する予定。中国のAI研究グループとも密に連携する。

 グーグルのGoogle Cloud担当でAI/機械学習(ML)主任科学者のFei-Fei Li氏によると、中国にはAIおよびML分野で最先端の専門家が大勢いる。画像認識技術を競うコンテスト「ImageNet Challenge」の優勝チームには中国の研究者が多数参加しており、AI学会誌などに掲載された論文の多くが中国系の執筆者によるものだったという。


Fei-Fei Li氏(出典:グーグル)

 その一方で、Li氏は「AI研究に国境はなく、AIで得られる利益にも国境などない」と述べ、「ブレイクスルーの起きる場所がシリコンバレーだろうと北京だろうと、どこであろうとも、AIには全世界のあらゆる人々の生活を改善する可能性がある」とした。グーグルはAIファースト企業としてAIを重視しており、「地域を問わず最高のAI研究者と協力していきたい」(同氏)。


AIファースト企業としてAIを重視

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]