編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

MSの「Cortana」、利用可能なスキルは約230種類--「Alexa」に遠く及ばず

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-12-19 09:46

 Microsoftのデジタルアシスタント「Cortana」で利用可能なスキル(新しい機能を追加するアプリ)は、12月の時点で約230種類だ。一方、Amazonの「Alexa」で利用可能なスキルは少なくとも2万5000種類存在する。


提供:Microsoft

 Microsoftは開発者向けのツール「Cortana Skills Kit」のパブリックプレビュー版を2月末にリリースするとみられていたが、実際にリリースしたのは5月だった。

 Cortana Skills Kitは、開発者らが「Microsoft Bot Framework」で構築されたサービスやボットを利用して、Cortanaの新しいスキルとして公開できるようにすることを目的に設計されている。Microsoftによると、同キットを使用すれば、既存のAlexaスキルのコードを再利用することも可能だという。

 Microsoftは先週、「Azure Bot」サービスの一般提供を開始した。開発者による会話ボットの構築を支援する「Azure Bot Service」は、テキスト、音声、カード、画像を使用するCortana、「Facebook Messenger」、「Skype」を含む14のチャネルに対応する。

 Microsoftは先週、Cortanaスキルの開発者およびユーザー向けに複数の新機能も発表した。Microsoftは、スキルを提案する機能とCortanaスキルを連携させる機能のサポートを追加した。Microsoftによると、どちらにも同社の進化した検索とAIが活用されているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]