編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
企業買収

アクセンチュア、「ゲーム・オブ・スローンズ」の視覚効果手がけるMackevisionを買収へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-01-11 11:59

 Accentureは米国時間1月10日、「ゲーム・オブ・スローンズ」などのドラマで視覚効果などを手がけるMackevisionを買収することで合意したと発表した。これによりAccentureは、インタラクティブなコンテンツ関連のノウハウを高めることを目指す。

 Mackevisionの買収は、コンサルタント会社であるAccentureが手がる分野からは少し外れているように思えるかもしれないが、Accentureは3Dや没入感のある製品コンテンツの制作を推進してきている。Accenture Interactiveは拡張現実(AR)や仮想現実(VR)といったツールを用いた次世代の顧客エクスペリエンスの創出を目指している。

 買収の条件は明らかにされていない。

 Mackevisionの最もよく知られたコンテンツの実績は映画や放送映像のCGIによる視覚効果だ。同社は「ゲーム・オブ・スローンズ」の視覚効果でエミー賞を受賞している。

HBOの「ゲーム・オブ・スローンズ」におけるMackevisionの視覚効果の例
HBOの「ゲーム・オブ・スローンズ」におけるMackevisionの視覚効果の例
提供:Mackevision, HBO

 Mackevisionのサービスはさまざまな業界で採用されている。同社はまた、バーチャルショールームやキオスク、AR、VR向けのコンテンツとともに、現実世界のデジタルツインを対象にした制作も手がけている。

 Mackevisionのコンテンツが幅広い業界で用いられている点を考えると、Accenture Interactiveは同社の市場を拡大していけるはずだ。Accentureは、IoT関連でより多くのサービスを提供するとともに、自動車関連や、産業、コンシューマー向け製品、小売りといった市場へのアプローチをより的確なものにしたいと考えている。

 またMackevisionは、AudiやBMW、Fiat Chrysler、Hyundai(現代自動車)、Jaguar、Land Rover、Mercedes-Benz、Porscheなどの顧客を擁する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]