編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

MS、「PowerShell Core 6.0」を一般提供--「Linux」「macOS」もサポート

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-01-12 10:42

 Microsoftは米国時間1月10日、「PowerShell Core 6.0」の一般提供を開始した。これは、コマンドラインインターフェース(CLI)シェルおよびスクリプティング言語である「Windows PowerShell」のクロスプラットフォーム版に相当する。

 PowerShell Core 6.0は、6.0というバージョン番号が名称に含まれているものの、PowerShell Coreとしては初めてのリリースとなっている。これは「.NET Framework」に対する「.NET Core」と同様、PowerShellのクロスプラットフォーム実装という位置付けになる。

 Microsoftのテクニカルフェローであり、PowerShellの父でもあるJeffrey Snover氏は「これは、PowerShellに対するこれまでで最大、かつ最も重要な変更だ!」とツイートしている。

 PowerShell Coreは「Windows 7」や「Windows 8.1」「Windows 10」「Windows Server 2008 R2」「Windows Server 2012 R2」「Windows Server 2016」のほか、「Windows Server」の「半期チャネル」での年2回の機能アップデート上で動作する。また、「macOS 10.12」以降や、さまざまなUNIXライクなOS(「Ubuntu」や「Debian」「CentOS」「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)、「OpenSUSE」「Fedora」など)上でも動作する。

 .NETの場合と同様に、PowerShellは.NET Framework上に構築されたWindows PowerShellと、.NET Core上に構築されたPowerShell Coreという、2つの異なるブランチが提供されることになるが、同社はWindows PowerShellの新バージョンをリリースする計画はないとしている。つまり現行の5.1が最終バージョンになるものの、サポートは当面の間継続される。なお、PowerShell CoreはWindows PowerShellと併用することができる。

 提供機能についても.NETの場合と同様に、Windows PowerShellの全機能がPowerShell Coreで提供されるわけではない。「PowerShell Workflows」や「PowerShell Snap-ins」「PowerShell WMlv1 cmdlets」のほか、PowerShell Coreから「Desired State Configuration」(DSC)リソースを実行する機能は、現在のところサポートされていない。同社ブログには、「(サポートされていない)テクノロジの一部は、最終的にPowerShell Coreで利用可能になるが、そうならないものも数多くある」と記されている。

 コンサルタントのMichael B. Smith氏は、PowerShell CoreとWindows PowerShell間におけるその他の非互換性により、 ITプロフェッショナルは「既存のスクリプトすべて」を見直す必要があると警告している。同氏によると、PowerShell Coreは「Microsoft Exchange」や「Active Directory」「Skype for Business」と連携できないという。

 Microsoftのブログによると、「モジュールは、Windowsやその製品グループによってPowerShell Core上でサポートされていると明記されていない限り、PowerShell Coreでの動作を保証しない」という。

 同ブログによると、PowerShell Coreは「Windows」や「Office 365」と同様に、定期的かつ継続的にアップデートされるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]