セキュリティSIサービス市場、2017年度は2450億円規模に--ミック予測

藤本和彦 (編集部) 2018年01月22日 16時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミック経済研究所は1月22日、サイバーセキュリティシステム開発(SI)サービスの市場動向を発表した。同市場は激化するサイバー攻撃への対策が進み、2016年度は前年対比111.3%の2228億5000万円、2017年度も前年対比110.1%の2453億9000万円と高成長が続くと予測する。調査期間は2017年10~12月。

 今回の調査結果について、ミック経済研究所は、サイバー攻撃が多様化し従来のセキュリティシステムでは守りきれないケースが増えており、大手企業を中心にセキュリティシステムの強化が進んでいることなどが成長の要因となっていると分析する。

 サービスカテゴリ別で見ると、2016年度はゲートウェイセキュリティが売上構成で最大のウエイトを占めた(42.6%)。売上高は前年対比109.3%の949億6000万円。サイバー攻撃の多様化と激化を受けて多層防御の重要性が増しており、複数の製品を組み合わせた強固なゲートウェイシステムを構築する企業が増えているという。2017年度は前年対比106.0%の1354億2000万円に拡大すると見込む。

 サービスカテゴリの中で最も高い成長を見せているのがエンドポイントセキュリティ。2016年度、2017年度は20%を超える成長率を示している。標的型攻撃やランサムウェアなどの被害が拡大する中、入口対策では守りきれずエンドポイントセキュリティを強化する流れが加速しており、今後も高い成長率が続くと予想される。

 プライベートクラウドおよびパブリッククラウド環境でのサイバーセキュリティシステム開発については、2016年度が前年対比128.9%の162億7000万円、2017年度は前年対比130.2%の211億8000万円と大きく成長。Amazon Web Servivces(AWS)をはじめとしたパブリッククラウドでのシステム構築が増えており、その際にセキュリティシステムも一緒に構築するケースが多くなっているという。今後もクラウドサービスの利用が進む中で、2021年度は2016年度の4.2倍となる683億2000万円の売上規模を予測している。

2016年度用途別出荷ウエイト
2016年度用途別出荷ウエイト(出典:ミック経済研究所)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算