セキュリティで重要な存在になる--VMwareのAppDefenceトップ

末岡洋子 2018年01月19日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想化技術のVMwareが2017年秋の自社イベント「VMworld 2017」で、セキュリティサービス「VMware AppDefence」を発表した。クラウドサービス「VMware Cloud Services」ブランドの1つであり、これまでの”悪い行為を探す”というアプローチから、”正しい動作を確実に”と、考え方を180度変えたセキュリティサービスだ。

 「Project Goldilocks」としてAppDecenseのオリジナルプロジェクトを開始したVMwareのセキュリティ製品グループ担当シニアバイスプレジデント、Tom Corn氏に話を聞いた。

VMwareのセキュリティ製品グループ担当シニアバイスプレジデント、Tom Corn氏VMwareのセキュリティ製品グループ担当シニアバイスプレジデント、Tom Corn氏

--AppDefenseについて簡単に説明してください。

 AppDefenseは、アプリケーションを安全にするための新しいプラットフォームだ。プライベートクラウドとパブリッククラウドの両方で仮想化された環境で動く。

 “悪者を追いかける"ではなく”アプリケーション本来の正しい動きを確実にする”ことにフォーカスした独自のアプローチをとる。ハイパーバイザーの独自技術を活用するという点も特徴だ。各仮想マシンの意図した目的と振る舞いをキャプチャし、それに対して実際の振る舞いをモニタリングし、応対を自動化する。

 AppDefenseは、VMware NSXとマイクロセグメンテーションがネットワークに対して行うようなコンピュートを行う。アプリケーション向けに、最も低い特権環境を構築する。

--AppDefenseは「Project Goldilocks」と呼ばれていました。プロジェクトとの関わり、これまでの取り組みについて教えてください。

 Project Goldilocksは私が開始したプロジェクトで、チームを立ち上げてソリューションを構築した。チームにはVMwareのベテランだけでなく、RSAやその他のセキュリティ企業からも来てもらった。

--提供にあたっての戦略は?

 市場戦略は多方面から考えられる。中核となるセールスとSEがAppDefense販売に関係する全てのグループを支える”タイガーチーム”を作り、販売ネットワークとセキュリティ営業部隊を動員する。チャネルには、セキュリティに強い再販事業者、システムインテグレーターを加えており、自社技術とAppDefenseを統合したソリューションを開発して、VMware顧客に提供するセキュリティベンダーとも協業する。SecureWorksなどのマネージドセキュリティサービスプロバイダー(MSSP)がマネージドサービスとしてAppDefenseを提供することも考えられる。

--セキュリティに対する本来の動作を確実にするというアプローチについて教えてください。

 必要最小限の権限を与えるという考え方は、情報セキュリティの土台となるものだ。1970年代にマサチューセッツ工科大(MIT)のJerome Saltzer教授が考案した。

 Saltzer教授は「全てのプログラムとシステムのユーザーは、コンピューティングの作業ができる最低限の特権をもって運用すべき」としており、全てのプロセス、ユーザー、プログラムは正しい目的のために必要な情報とリソースにのみアクセスできるべきだというのが基本のアプローチだ。

 この考え方はアクセス制御に適用されており、信頼できるコンピューティングなどの目的に役立っている。だが、分散型アプリケーションでの利用は難しかった。例えば、プロセスのホワイトリスト化は実際には分散アプリケーションベースで見ているわけではない。

 われわれのアプローチは新しいものだ。独自のアプローチで、アプリケーションの文脈でマシンの意図や行動をキャプチャする。また、ソフトウェア定義データセンターをオーケストレーションして反応するというアプローチも考案した。これらのコンポーネントをハイパーバイザから監視する。要するに、このコンセプトを実際の運用環境でモダンなアプリケーション向けに利用できるようにした初のベンダーと言える。

 自宅を守るためには2つのアプローチがある。全部ドアを開けて、遠隔からモニタリングして、アナリティクスにより悪意ある行為を判断するという方法がある。別の方法として、ドアを閉じて、アクセスを必要とする一部の人に鍵を与えて環境をモニタリングするというやり方もある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]