編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

ブロックチェーン活用を支援するプラットフォーム提供--GMO

NO BUDGET

2018-01-24 12:08

 GMOインターネットは1月22日、「Z.com Cloud ブロックチェーン」の正式版を提供開始すると発表した。このサービスはPaaS型のブロックチェーンプラットフォームで、仮想通貨「イーサ(ETH)」の取引基盤であるイーサリアムを利用して、ブロックチェーン上に分散型のアプリケーションを構築できる。


「Z.com Cloud ブロックチェーン」とプロダクトモデルの展開イメージ

 Z.com Cloud ブロックチェーンでは、ユーザーが効率的にブロックチェーンを活用したサービスシステムを構築できるよう、6種類のプロダクトモデルをオープンソースで提供している。


プロダクトモデル

 また、ブロックチェーンと並列で機密情報を保管するデータストア(データ格納領域)を設置し、データストア内に保存したデータのアクセスコントロールができる。一般にブロックチェーンでは、記録データが全てのコンピュータ(ノード)にオープンになるが、データストアに保存された機密情報などのデータファイルは、権限を与えられたユーザーだけが呼び出して閲覧できる。

 さらに、サービス運営者がユーザーの代わりにトランザクション手数料を代払いできる機能がある。これにより、サービスを利用するユーザーは、仮想通貨で手数料を支払う必要がなく、開発したブロックチェーンサービスの普及を図れる。

 同サービスでは、世界各地のインフラ環境にブロックチェーンネットワークを配置し、プライベートブロックチェーン環境を構築している。このため、災害などで一部のノードが損害を受けても、他の拠点に保管されたデータをもとにサービスを継続することができる。また、複雑なブロックチェーン技術をAPIで包括的にコントロールできるため、サービスをより簡単に構築できる。

 利用料金は、初期費用、月額費用は無料の従量課金制。データ保存量は30円/GB、データ転送量は13円/GB。ETH使用量は3000円/ETH。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]