編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

GMOインターネット、ブロックチェーン基盤をPaaSで提供--ベータ版を無料提供

NO BUDGET

2016-12-19 15:29

 GMOインターネットは12月16日、ブロックチェーン基盤のPaaS「Z.com Cloud ブロックチェーン」、「ConoHa ブロックチェーン」をベータ版で無料提供すると発表した。同社クラウド基盤「Z.com Cloud」とVPSサービス「ConoHa byGMO」から利用する。

 地域通貨や電子クーポンなどの仮想通貨の構築、その取引に基づく再配分の契約実行、閲覧権限のコントロールが必要な機密書類の管理、モノのインターネット(IoT)端末などさまざまな機器へのプログラム配布、ペーパーレスによるチケット販売サービスの効率化、偽造や転売の防止などをサービス用途に見込んでいる。

 ビットコインの次に時価総額が大きい仮想通貨「Ether(イーサ)」での取引を実行するブロックチェーン基盤「Ethereum(イーサリアム)」を利用する。Ethereumのブロックチェーンに分散型アプリケーションを構築し、取引の中間管理者を介在することなくブロックチェーンのみでビジネスフローを公正に処理する仕組みを利用できるようになるとしている。

ブロックチェーン基盤のサービス概要
ブロックチェーン基盤のサービス概要(GMOインターネット提供)

 ブロックチェーンとは別に、機密情報を保管するデータストアの設置もできる。データストアに保存された機密情報などのデータファイルは、権限を与えられた利用者だけが呼び出して閲覧する。また、利用者のアクセス権限は、ブロックチェーンで管理されるため、意図しない利用者への情報公開を防ぐ。

 また、ブロックチェーンにプロキシを設定することで、ノードになっていない外部のデバイスからでもプロキシを経由してノードに接続できる。そのため、一般利用者がノードにならなくてもサービスを利用でき、IoTデバイスと連携したサービスも構築可能となる。

 さらに、サービス運営者がEthereumを利用した際に発生する手数料「Gas」を、一般利用者に代わって支払える仕組みを導入した。あらかじめ決められた契約を自動で実行するスマートコントラクトについては、独自のコントラクト管理システムで構築されている。プログラムのバグやフローの変更が発生した場合には、チュートリアルに沿って作業するだけでコントラクトをバージョンアップできる。

 これらの機能を包括して制御できるAPIを用意しており、複雑なブロックチェーン技術を活用したサービスをより簡単に構築できる。

 同サービスでは、こうした機能を包括してコントロールできるAPIを用意しており、複雑なブロックチェーン技術を活用したサービスをより簡単に構築できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]