編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
調査

「Windows 10」の世界シェア、ついに「Windows 7」を抜く

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-02-05 12:06

 2015年7月のリリースから約2年半を経て、「Windows 10」が全世界での利用シェアでようやく「Windows 7」を追い抜いた。

 この調査結果を発表したウェブアナリティクス企業のStatCounterによると、Windows 10が「Windows」PCに占めるシェアが1月に42.78%に達し、Windows 7の41.86%を上回ったという。

 Windows 10のシェアは2017年1月の32.84%から上昇した。一方、Windows 7は同月の47.46%から縮小した。

 ユーザー数に目を向けると、Microsoftは11月、過去28日間に稼働したWindows 10搭載デバイスの台数が6億台に達したことを明かした。これは、9カ月前の数字から1億台以上を上回っていた。ただし、この数字にはタブレットやスマートフォン、ゲーム機の「Xbox」も含まれる。

 Windowsの市場シェアを注意深く追跡している人ならご存知のように、これらの数字は複数のソースから提供される。そして、異なる方法論やさまざまなウェブトラフィックソースを使用しているため、いつも数字にばらつきがある。

StatCounter
提供:StatCounter

 StatCounterと同様、引用されることの多いアナリティクス企業NetMarketShareの報告によると、Windows 7のシェアはWindows 10より8%大きいが、その差は1年前の20%から縮まっているという。

 米ZDNetのEd Bott記者も以前解説しているが、NetMarketShareは自社のネットワーク内の1日当たりのユニークユーザー数を測定することを目指している。一方、StatCounterはトラフィック全体を測定する。

 StatCounterが指摘するように、Windows 10がWindows 7を追い抜いた時期は地域によって異なる。北米では2017年1月、英国では2016年6月に、Windows 10が首位に立った。

 欧州では、順位の逆転は2017年3月に起こった。一方、アジアとインドでは、今もWindows 7がWindows 10に対して、それぞれ15%と30%近くの差を付けている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]