地下室でほこりまみれは過去--セカンダリデータが価値を創出する - (page 4)

伊吹山正郁(Commvault)

2018-02-11 07:30

4.継続性

 ランサムウェア、マルウェア、内部関係者などによる脅威の増大を含め、脅威の勢力図は進化しているため、セカンダリデータが単なる保険証書以上のものになっていることは驚くに値しません。社内外からの脅威に関連したダウンタイムとリスクを減らすことが必須です。事業継続性には正確な回復データが求められますが、これはセキュアで最新のセカンダリデータストアから素早く容易に供給されます。

 背景に、今日の企業IT環境が変化していることがあります。新しいプロジェクトや顧客との契約の1つ1つが大量の新しいデータを生み出すため、セカンダリデータがもたらす価値について忘れてしまいがちです。しかし、セカンダリデータは企業にとって重要なリソースであり、過去、現在、未来の全体像を描く上で不可欠です。さらに、効果的に活用することで、さらなるイノベーション、セキュリティの強化、コンプライアンスの徹底、データ分析の向上の基盤となります。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]