編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

アドビ、Flash Playerの更新版公開--2件の脆弱性を修正

ZDNet Japan Staff

2018-02-07 10:10

 米Adobe Systemsは現地時間2月6日、Flash Playerの最新版「Flash Player 28.0.0.161」をWindowsやMac、Linux向けにリリースした。深刻度が「Critical」に指定された2件の脆弱性を修正している。

 修正された脆弱性は、いずれもメモリ使用解放後の不適切な処理に起因し、悪用されれば、遠隔で任意をコードを実行される恐れがある。2件のうち1件の脆弱性は、韓国のKrCERT/CCが1月に、2017年の標的型攻撃で悪用されたと報告している。

 更新版は、デスクトップ版の自動更新機能を設定している場合やChromeブラウザ、Windows 8.1および10のMicrosoft Edge、Internet Explorer 11では自動的に適用される。Adobeは、Linux向けのデスクトップ版を除く全ユーザーに対して最優先での適用を呼び掛けている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]