マカフィー、「Alexa」対応のネットワークセキュリティ機能を提供へ

Dan Dziedzic (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-02-27 10:57

 McAfeeはセキュリティを熟知している。そして、同社は近い将来、Amazonの音声アシスタント「Alexa」をホームネットワークのセキュリティ向上に役立てる機能を提供する予定だ。

 モバイル見本市「Mobile World Congress 2018」で現地時間2月26日に発表された「McAfee Secure Home Platform」スキル(「スキル」はAlexaのアプリを意味するAmazonの用語)は、音声で操作可能なペアレンタルコントロールと内蔵の保護機能によって、デバイスのネットワークセキュリティをカスタマイズおよびモニターできる機能を提供する。

 McAfeeによると、同プラットフォームは26日よりネットワーク機器メーカーに提供が開始され、メーカーはそれを自社のルータなどに統合することができる。米国の消費者は数カ月内に同スキルを利用できるようになり、その他の国や地域でも近いうちに提供を予定している。同スキルの提供開始後、ユーザーはAlexaアプリでスキルをセットアップ、またはAlexaスキルストアからダウンロードすることができる。

 このAlexaスキルを利用すれば、ユーザーはアプリではなく音声コマンドを利用して、自分のデバイスのセキュリティを確認することができる。自分のネットワークに参加した新しいデバイスを確認したり、ネットワークスキャンを実行して脆弱性を発見したりすることも可能になる。さらに、接続された各デバイスの状態の確認、デバイスのブロック、インターネット接続の一時停止なども実行可能だ。

 McAfeeによると、ユーザーが利用できる音声コマンドには、以下のようなものがあるという。

  • 「Alexa、今オンラインに接続しているデバイスの台数をMcAfeeに尋ねて」
  • 「Alexa、ネットワークのスキャンを実行するようMcAfeeに頼んで」
  • 「Alexa、ネットワークの状態をMcAfeeに尋ねて」
  • 「Alexa、『デバイス1』のブロック/ブロック解除をMcAfeeに頼んで」
  • 「Alexa、『子供1』のインターネット接続を一時停止するようMcAfeeに頼んで」

提供:Ry Crist/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]