編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

CAD/CAM/CAEシステムでのAI活用に注目--矢野経済研究所

NO BUDGET

2018-02-28 09:46

 矢野経済研究所は2月26日、国内CAD/CAM/CAEシステム市場に関する調査の結果を発表した。2017年度の同市場規模(メーカー出荷金額ベース)は3637億円で、前年度比3.5%増となる見込み。2016年度は前年度比6.3%増で3513億円だった。

 2017年度の市場概況と展望について同研究所では、経済の好循環が進展する中で、引き続き民需を中心とした景気回復が見込まれることや、生産の増加や企業収益の改善などにより、前年度比3~4%程度の増加となると見込まれるとした。


CAD/CAM/CAE システム市場規模推移(出典:矢野経済研究所)

 また、注目される市場動向として、CAD/CAM/CAEシステムでの人工知能(AI)活用を挙げている。ディープラーニングのようなAIは画像処理と相性が良いことから、いずれ利用が進むとしている。利用方法としては、CAEの解析結果をポスト処理した後の画像に適用し、簡単な1次スクリーニングを行うなどが考えられるという。また、過去の図面データを読み込むことで、新たに設計するに際し、類似データを検索するといったことも可能になってくる。

 プラットフォーム化の進展も注目される動向だが、一方でユーザー企業がエンジニアリング分野ではクラウドコンピューティングに対し、まだまだ保守的な姿勢が残っているため、現在のところ、大きなインパクトとはなっていないと指摘している。

 ただし、CAD/CAM/CAEシステムメーカー各社とも製造業向けのプラットフォームサービスの提供を開始しており、いずれは移行していくと予測され、この動きは業界地図を大きく変え得る可能性があるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]