編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

米信用情報会社Equifaxの情報流出、さらに米国の240万人に影響

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-03-05 13:34

 2017年にサイバー攻撃によって大量の個人情報が流出したことを明らかにした信用情報大手のEquifaxが、当初の発表よりも多数の米国人が影響を受けていたことを新たに認めた。同社は3月に入り、継続中の分析によって、新たに約240万人の米国在住者の氏名や運転免許証情報の一部が盗まれていることが明らかになったと報告した。これまでに、影響を受けていると見られていなかった顧客だ。

 Equifaxは、今回盗難が明らかになった情報は「部分的」なものだとしている。多くの場合で、盗まれたデータには自宅住所や運転免許証の一部の情報は含まれていないという。ハッカーは社会保障番号と氏名をターゲットにしていたとみられている。

 Equifaxは当初、被害の規模は1億4300万人分におよぶ可能性があるとしていたが、後に訂正し、1億4550万人としていた。

 Equifaxは世界8億人以上の消費者の情報を収集、保存しているとされる。同社を狙ったサイバー攻撃は、2017年最大規模のデータ流出事件となった。

 2月にはある議員が、Equifaxが納税者番号(TIN)、電子メールアドレス、免許証の発行日や発行州などの情報が盗まれていることを公開していないとして同社を非難し、事件は再びスポットを浴びた。これらの情報は、当初流出が報告されていなかった。

 これまでにもEquifaxは、このハッキングへの対応で不手際を繰り返し、非難を浴びてきた。ハッキングについて明らかにするまでに数カ月を要したほか、アプリケーションに存在していた問題に対してパッチの適用を怠っていた可能性についても指摘されている。ハッキングについて次第に明らかになった後も、ユーザーへの通知に手間取った。

Equifax
提供:file photo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]