編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

HCIに期待するもセキュリティを懸念--ウィンマジック調査

NO BUDGET

2018-03-26 06:00

 ウィンマジック・ジャパンは、ハイパー・コンバージド・インフラストラクチャ(HCI)に関する調査結果を発表した。

 これによると、IT意思決定者はHCIの利用を推進する上で複雑さ(45%)とセキュリティ(43%)について懸念していることが明らかになった。

 同調査は2017年11月に、英国、ドイツおよび米国の1000人を超えるIT意思決定者を対象に実施されたもの。

 HCIを使用する際に必要とするセキュリティ上の施策については、ニーズに合わせて拡張できるセキュリティソリューションを導入すること(29%)、あらゆるタイプのハイパーバイザテクノロジとの互換性の確保(23%)、アイデンティティアクセス管理と認証の維持(22%)などが挙げられている。

 回答者は、HCIテクノロジによってもたらされる最大の利点として、柔軟性(65%)、パフォーマンス(58%)および可用性(46%)を挙げている。

 しかし一方で、ITインフラの一層の複雑化(45%)、HCI環境全体のセキュリティの維持が難しい(43%)、ビジネス全体にHCIを拡張するときの管理・制御の維持が難しい(39%)、ハイブリッド環境で仮想マシンを管理する能力の欠如(34%)などを理由に、今後のインフラ計画にHCIを追加することをためらっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]