編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

マイクロソフト、Forerunner Softwareのレポートレンダリングテクノロジを取得

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-04-04 10:54

 Microsoftは米国時間4月2日、レポートサービスの強化を目的にForerunner Softwareからレポートレンダリングテクノロジを取得したと発表した

 この発表は、Microsoftの「SQL Server Reporting Services」(SSRS)のチームブログ上で行われた。なお、取得金額は明らかにされていない。

 同社は、この動きが「Power BI」ビジネスインテリジェンスやクラウドのユーザーに役立つものになるととらえているようだ。

 Microsoftによると、「Dynamics 365」の「Spring '18 Release Notes」(2018年春のアップデートのリリースノート)に記されているように、SSRSのレポートをPower BIのクラウドサービス上で実現するために取り組んでおり、その一環としてクライアントサイドでのレンダリングの向上にも取り組んでいるという。また、Forerunnerのテクノロジは、ユーザーがSSRSのレポートをスマートフォン上で閲覧する際のエクスペリエンス向上にも貢献するという。

 同ブログには、「このテクノロジによって、どのような先進的アプリにも統合できるクライアントサイドのJavaScriptベースによる『Report Viewer』を提供したいと考えている」と記されている。

 同社は、これらの目標すべてが「大規模な作業を伴う」と記しているが、完了日程については言及していない。

 Forerunnerは同社のウェブサイトに、「『Forerunner Mobilizer』とReport Viewerは、Microsoftが取得したため、既に購入はできなくなっている。既存顧客へのサポートは2020年10月20日まで続ける」と記している。

マイクロソフト、Forerunner Softwareのレポートレンダリング技術を取得

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]