国税庁のサイト内検索問題--有志のサービス提供が続々

ZDNET Japan Staff

2018-04-05 16:58

 国税庁のウェブサイトが3月31日にリニューアルしたことに伴い、ほぼ全てのページのURLが変更になった。これにより、同庁ウェブサイトのサイト内検索機能に不具合が生じている。既にネットで大きな話題となっているが、サイト内検索ができないことで、利用者に大きな不便が生じている。

 国税庁の発表では、4月3日15時現在、ロボット型検索エンジンによるクローラーの巡回により、早期に検索結果に新URLが表示されるよう、検索エンジン側にリクエストするなどの措置を講じているとしている。閲覧の多いホームページについては、リクエスト後、即日から1週間程度で検索結果に新URLが表示される見込みとなっている。

 国税庁で検索エンジンの対応を進めている一方、有志による動きも活発化している。 まず、個人のエンジニアである「ぽち@pchw」さんが4月2日、旧URLを新URLに変換するサービス「国税庁URL変換器」を開発、公開した。

 これに続く形で、家計簿サービスを展開するマネーフォワードは4月4日、リニューアル後の国税庁サイトを検索できるサービスを開発、公開した。ページ名からリニューアル後のURLを検索できるようになっている。

 さらに、サイト内検索サービスを展開するマーズフラッグは4月5日、国税庁ウェブサイトのサイト内検索サービスを“勝手に”設置したと発表。主力製品「MARS FINDER」のサービス画面から国税庁ウェブサイト内を検索できるようになっている。

 混乱が収束するまでの期間、無償でサービスを提供する。現在、4万4000ページ超を既にインデックス済みで、6日には全ページをインデックス化する予定だとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]