編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

エンジニアのプログラミング力を可視化--エイジア、スキル判定サービスを導入

NO BUDGET

2018-05-02 07:15

 顧客管理(CRM)システムを手掛けるエイジアは、プログラミングスキル判定サービス「TOPSIC(トップシック)」を採用し、4月から運用を始めている。サービスを提供するシステムインテグレータが4月26日に発表した。

 TOPSICは、エンジニアのプログラミングスキルをオンラインでリアルタイムに判定できるクラウドサービス。採用時のスキルチェックや社員のプログラミング教育に必要な機能を備えている。プログラミングコンテストを運営しているAtCoderが、エンジニアのプログラミングスキル判定に最適な問題を作成。JavaやC#、Ruby、Perl、PHP、Python、Scala、COBOLなど、現在主流のプログラミング言語に対応している。

 エイジアは、CRMシステム「WEBCAS」シリーズを開発・販売するソフトウェアベンダー。常駐・派遣型のソフトウェア会社と違い、自社で製品・サービスを開発している同社にとって、プログラミングスキルの向上は常に重要なテーマとなっている。これまでもプログラミング教育を実施してきたが、TOPSICを採用することでプログラミングスキルの可視化を進めていく。

 エイジアでは、社員教育だけでなく、採用時のスキルチェックにも活用し、プログラミングスキルの高い集団として技術力で勝負する会社を目指していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]