編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

富士通、既存クラウドサービスを「FUJITSU Cloud Service」ブランドに刷新

ZDNet Japan Staff

2018-06-25 11:55

 富士通は6月22日、これまで提供してきた既存のクラウドサービスを「FUJITSU Cloud Service」として刷新すると発表した。企業ごとの業務に合わせたクラウドサービスを実現し、企業のデジタル革新を支援する。

 同社によると近年、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、アナリティクスなどの技術を活用したデジタル革新が急速に進む中、基幹システムをクラウドに移行してオンプレミスとクラウドを組み合わせることで、効率的な運用を実現するハイブリッドITを構築する気運が高まっている。また、複数のクラウドサービスを組み合わせたマルチクラウドなど、企業のビジネスに合わせてICT環境を柔軟に選択できるようになってきている。

 一方で、基幹システムのクラウド移行に伴う既存アプリケーションの改修や、業務ごとに異なるクラウドサービスを利用することにより管理が複雑化するなど、クラウド運用業務の負荷増大が問題となっている。

 そのため、富士通は既存クラウドサービスを刷新し、基幹システムのクラウド移行を促進する機能を強化したクラウドサービスを提供。企業のビジネスに適したハイブリッドIT環境を実現する。また、主要なクラウドパートナーとの協業を拡大するとともに、複数のクラウドサービスのインテグレーション・運用を実現するマルチクラウドサービスを強化し、多様化するICT環境のスピーディーな構築と高品質な運用を実現する。具体的な内容は以下の通り。

基幹システムのクラウド移行を促進する機能を強化

 富士通のクラウド基盤の運用実績をもとに、企業のビジネスに適したハイブリッドIT環境を提供するため、6月29日より基幹システムのクラウド移行向けに機能強化したクラウドサービスを、日本を皮切りに順次提供開始する。

 企業がポータルサイトから簡単に物理サーバを配備できるベアメタルサーバサービスでは、企業の既存オンプレミス環境に合わせてOSやアプリケーションが導入可能。そのため、アプリケーションの改修および運用プロセスの変更を最小限に抑えられ、既存システムのクラウドへの移行が容易になる。

 さらに、非常時におけるシステムのダウンタイムを極小化し、事業継続性を高めるためのディザスタリカバリ機能なども追加。これにより、クラウド基盤の信頼性をオンプレミス環境と同等まで強化し、ハイブリッドIT環境における基幹システムの段階的なクラウド移行に適したクラウドサービスを提供する。

マルチクラウドサービスの拡充

 富士通がこれまで培ってきたSIのノウハウや最新のクラウドサービスに関する知見を生かし、ハイブリッドIT・マルチクラウド環境を活用したインテグレーション・運用サービスを強化する。

 マルチクラウドでのインフラ構築の自動化やマルチクラウド環境の一元管理技術を活用することによって、ハイブリッドIT・マルチクラウドといった多様化した環境に対してもスピーディーな構築と高品質な運用を実現するサービスを、10月1日より提供する。

クラウドベンダーとのパートナー協業拡大

 主要なクラウドベンダーをはじめとした国内外のパートナーと協業を強化・拡大することで、お客様のデジタル革新を支援する。

 マイクロソフトとは、「SAP on Azure」をはじめとしたマイクロソフトのAzureサービスをベースに、富士通のシステムエンジニアの知見を組み合わせた高付加価値サービスの開発・提供に取り組んでいくことで、業務要件に合わせたクラウド移行を実現し、企業の事業拡大を支援する。

 VMwareとは、「VMware Cloud Foundation」や「Hybrid Cloud Extension」をはじめとしたプライベート・パブリッククラウドサービスをベースとしたサービスを開発・提供する。さらに、今後「VMware NSX SD-WAN by VeloCloud」などVMwareのネットワーク仮想化技術を活用したソリューションの拡大を目指す。

クラウドサービス推進体制の強化

 クラウド関連ビジネスに従事する国内外の従業員約1万人に対し、パートナーが提供するクラウド関連サービスについての教育を実施する。これにより、企業の業務に合わせたハイブリッドIT・マルチクラウドシステムの構築・運用を支援する要員を拡充する。

 富士通は、クラウドサービスのブランドを「FUJITSU Cloud Service for OSS」「FUJITSU Cloud Service for Microsoft Azure」「FUJITSU Cloud Service for VMware」へと刷新し、今後も順次ラインナップを拡大していく予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]