編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

アスクル、「LOHACO」サイトのサービス実行基盤にPivotal Cloud Foundryを採用

NO BUDGET

2018-07-03 10:24

 アスクルは、インターネット通販サービス「LOHACO」のサービス実行基盤としてPivotal Cloud Foundry(PCF)を採用した。Pivotalジャパンが6月28日、発表した。

 PCFは、世界中で採用実績のあるエンタープライズ向けの商用版PaaSソフトウェア。アプリケーション開発者は開発工程において、サーバやミドルウェアの調達、設定やセキュリティ機能の実装といった管理作業から解放され、サービス提供までの期間を大幅に短縮でき、継続的な改善も容易になる。実行環境は、 VMwareやOpenStack、 Microsoft Azure、Amazon Web Services、Google Cloud Platformなどに対応している。

 「LOHACO」は3月に累計顧客数が450万人を超える通販サービス。アスクルは、商品やサービスの拡充に迅速に対応できるとともに、利用者増加に伴うサイトへのアクセス増加、多種多様な顧客の好みへ柔軟に応えられるITとしての仕組みが必要としていた。

 同社ではPCFの他に、オープンソースの開発フレームワーク「Spring Boot」や、サービスの内製化を促進するための「Pivotal Platform Dojoサービス」などを活用していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]