編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アスクル、マーケティング基盤を刷新--顧客データを一元管理、配信を自動化

山田竜司 (編集部)

2014-04-09 07:30

 アスクルは、マーケティング基盤システムを刷新した。2013年6月から稼働させている。SAS Institute JapanとTISが4月8日に発表した。

 オフィス用品通信販売のアスクルは、一般のオフィス、建設現場や飲食店、個人などを対象にして、ネットやファクスなどの販売チャネルを持っている。従来のシステムでは、顧客に関する情報が複数のシステムに散在し、データ抽出や分析を個別に実施しており、一元管理できていないという課題があった。

 そこで、それぞれのチャネルから集まる顧客の多様な声、購買行動を把握し、一元的に分析することで、顧客一人ひとりのニーズに応じる環境を構築すべく、マーケティング基盤システムを刷新した。

  新しいマーケティング基盤には「SAS Marketing Automation」を採用。さまざまなオンラインとオフラインのデータを統合したデータ分析基盤を構築し、顧客分析に基づくメールマーケティング、ウェブチャネルへの配信までを自動化した。

 アスクルは、システムごとに散在した情報を一元的に統合し、横断的に分析し、顧客購買行動や効果的なマーケティングの実現を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]