編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NEC、台湾のセブン-イレブンに顔認証利用のPOSシステムを提供

NO BUDGET

2018-07-30 09:28

 NECは、台湾セブン-イレブンに顔認証エンジン「NeoFace」を活用した顔認証システムと、画像認識を利用したPOSシステムの提供を発表した。台湾セブン-イレブンは、台湾初の未来コンビニ「X-STORE」を開設しており、これらシステムも「X-STORE」で利用されている。

 6月25日に一般消費者向けの利用が開始され、3週間で利用者は3000人を超えているという。台湾セブン-イレブンは7月18日に、台北市の信義区に2号店(必成店)も開設している。

画像認識を活用したPOSシステム(必成店)
画像認識を活用したPOSシステム(必成店)

 顔認証システムは、店舗入口の横に設置した端末で事前に登録した顔画像と、入退店時に通るゲートのカメラで撮影した顔画像を照合して本人確認を行う。また入店時に、利用者ごとに合わせたメッセージをゲートのモニターで表示する。画像認識を活用したPOSシステムは、決済時に行う購入商品の読み取りに使われる。利用者がレジ台に購入商品を置くと、カメラが複数商品を一括で自動認識する。バーコードを商品ごとに読み込ませる必要がないため、決済時の商品の読み取りを大幅に効率化できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]