編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

東京五輪の本人確認にNECの顔認証システム--約30万人の大会関係者が対象

NO BUDGET

2018-08-10 11:08

 NECは8月7日、同社の顔認証システムが、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会での関係者の本人確認用システムとして採用されたと発表した。

 人工知能(AI)を用いた顔認証技術「NeoFace」を活用し、選手やスタッフ、ボランティアなどの大会関係者約30万人を対象に、全ての大会会場で顔とIDカードを組み合わせた厳格な本人確認を行う。

 本人確認では、ICチップを搭載したIDカードと事前に撮影・登録した顔画像をシステム上でひも付けし、大会会場の関係者エリアの入場ゲートに設置した顔認証装置を用いて行う。顔認証装置は、IDカードを読み取り機に着券すると即座に顔認証を行うため、スムーズな認証が可能だ。

 同システムにより、IDカードの貸し借りや盗難によるなりすまし入場、IDカード偽装による不正入場を防止することができる。また、入場ゲートでの人手による本人確認作業の負荷を軽減し、混雑発生を防ぐ。

顔認証システムの使用イメージ(出典:NEC)
顔認証システムの使用イメージ(出典:NEC)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]