「ひとり情シス」の本当のところ

第11回:ゼロ情シスになった理由--業務の変化で発展的解消

清水博 (デル) 2018年08月22日 06時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ゼロ情シスへの道筋

 情報システムの専任者が一人もいないという「ゼロ情シス」。最近いろいろなところで耳にするようになりました。「ゼロ情シス」という表現自体が刺激的かつ直接的であるため、その実態を不安視する声も多く聞かれます。

 中小企業などでは、そもそもIT担当者が存在せず、経営者らがITの企画から運用までを仕切っているケースも少なくありません。以前は専任の担当者がいたが、退職などでいなくなってしまったという場合もあります。

 ゼロ情シスに向けての道筋はいくつかあります。今回は、割とうまくいっているケースを紹介します。

画像1

 これは、ある人のエピソードです。もともと、ひとり情シスだったこの人は、社内のITの全てを管理しており、業務に追われる日々を送っていました。前任担当者の突然の退職により、業務のマニュアルやルールが文書化されておらず、システムがブラックボックス化していました。それを、徹夜に近い状態を繰り返しながら手探りで解析し、システムの全容を明らかにしました。

 それまでバラバラだった利用環境を標準化し、管理工数を減らすことで、コスト削減の効果も出てくるようになりました。さらに管理性を向上させるため、経営層に投資を提案し、標準技術を用いたシステムに刷新。さらなる運用負荷の低減に成功しました。また、社長の後押しを受けて、IT統制の強化も実現した。こうして、ひとり情シスとしての業務を軽減させていきました。

ひとり情シス、データオフィサーになる

 ITがビジネスの役に立つ機会が増えてくると、担当者のモチベーションも上がり、さまざまなことに挑戦するようになりました。例えば、見よう見まねでデータマイニングにチャレンジし、顧客管理に有用なデータを作って営業部長に喜ばれました。

 そうなると、周囲もだんだんと協力的になり、これまで集めにくかったデータもタイムリーに提供してもらえるようになりました。そうこうしていると、社内のどこにどういったデータがあるのか把握できるようになり、知らず知らずのうちにデータオフィサーのようなポジションになっていました。今では経営者からの期待も大きいようです。

 米国では、最高データ責任者(Chief Data Officer:CDO)を設置する企業が増えています。CDOとは、端的に言えば「企業が保有するデータの統制と収益化に責任を持つ執行役」です。最高経営責任者(CEO)などの直属となることが多いようです。

 今回のケースでは、正式にCDOを名乗っているわけではありませんが、社内のデータ管理を専門とする“データスチュワード”の役割を十分に担っているといえるでしょう。

 当初はIT領域が7割、データ領域が3割の業務配分でした。それが徐々に変化して、今では業務の7割をデータ管理が占めるようになりました。今もなおIT業務を兼任していますが、全社を挙げての教育のおかげで事業部門や管理部門のITリテラシーが向上し、サポートの手間や運用の負荷が軽減されました。

 その結果、「将来は経営に近いところで働いてみたい」という本人の希望に向かって確実に歩みだすことができました。そして肩書も、「管理部 情報システム担当」から「管理部 係長」へと変更となり、「データオフィサーを目指します」と自信を持って話します。「情シス担当」という呼称を止め、その役割を発展的に解消したということです。

 ただ、IT関連で何かあると今でも現場に駆り出され、夜中も帰れなくなるそうです。そのようなことを笑いながら話してくれます。将来を見据えて、仕事にやりがいを見出している姿は、とてもすがすがしく感じます。

清水博
清水博(しみず・ひろし)
デル 執行役員 広域営業統括本部長
横河ヒューレット・パッカード入社後、日本ヒューレット・パッカードに約20年間在籍し、国内と海外(シンガポール、タイ、フランス)におけるセールス&マーケティング業務に携わり、アジア太平洋本部のディレクターを歴任する。

2015年にデルに入社。パートナーの立ち上げに関わるマーケティングを手掛けた後、日本法人として全社のマーケティングを統括。現在従業員100~1000人までの大企業・中堅企業をターゲットにしたビジネス活動を統括している。アジア太平洋地区管理職でトップ1%のエクセレンスリーダーに選出される。早稲田大学、オクラホマ市大学でMBA(経営学修士)修了。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]