編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

オバマ前米大統領の画像を用いるランサムウェア

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-09-04 10:16

 ランサムウェアが個人のPCシステムを標的にし始めた頃、サイバー犯罪者らは米連邦捜査局(FBI)や司法当局の名をかたって被害者を脅し、身代金の支払いを促すことがたびたびあった。

 しかし今回登場したマルウェアは、一国の元首であった人物を前面に押し出しているという点で特異なものとなっている。

 MalwareHunterTeamがツイートで伝えているように、「Barack Obama's Everlasting Blue Blackmail Virus」(Barack Obama氏の永遠に続く憂うつな(青い)身代金要求ウイルス)というランサムウェアはおそらく、2018年に入って登場したランサムウェアとしては特異な部類に入るものと言える。

 「Windows」ベースのこのマルウェアは、スパムキャンペーンやフィッシングキャンペーンを通じて拡散しており、最初に感染システムを走査し、ウイルス対策ソフトウェアに関連するプロセスの存在をチェックする。

 Bleeping Computerが報じているように、このObamaランサムウェアは次に、拡張子が.EXEのファイルを見つけ出し、それらを暗号化する。また、実行可能ファイルに関連付けられているレジストリキーも改ざんするため、.EXEファイルが起動されるたびに同ウイルスも起動するようになる。

 通常の場合、ランサムウェアはドキュメントファイルやメディアファイルといったコンテンツを暗号化した後、ファイルを復元するための「手数料」を被害者から脅し取ろうとする。

 この種のマルウェアはたいていの場合、システムファイルやシステムプロセスに手を加え、感染したPCに取り返しの付かない損傷を与えてしまうことはあまりない。というのも、PCをクラッシュさせ、まったく使えなくしてしまうと、被害者に身代金を支払わせるだけの動機付けもなくなってしまうためだ。

 しかし、Obamaランサムウェアの場合、Windowsフォルダ内の.EXEファイルも暗号化するため、こういった損傷が発生し得る。これは、ランサムウェアの開発者が無能であったか、設計上の何らかの見過ごしがあったのだと考えられる。

 このマルウェアは、いったんファイルシステムを走査し、ファイルを暗号化すると、Obama前米大統領の画像とともに以下のメッセージを表示する。

 ハロー。あなたのコンピュータは私が暗号化した!そう、つまりEXEファイルは開けないということだ!というのも私が暗号化したためだ。

 復号することは可能だが、それにはチップが必要だ。ここが重要な点だ。詳細な情報は、2200287831@qq.com宛てに電子メールを送信すれば取得できる。

 Fossbytesの報道によるとこのランサムウェアは、感染したWindowsマシン上にある、ボリュームシャドウコピーサービス(VSS)が使用しているファイルをすべて消去するため、ファイルの復元はさらに難しいものとなっているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]