編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

マイクロソフトのコラボデバイス「Surface Hub 2S」、2019年Q2発売へ

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)

2018-09-25 11:36

 Microsoftは、米国時間9月24日から開催中の「Microsoft Ignite 2018」カンファレンスで、セキュリティ、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)など、バックエンド側のテーマを大きく取り上げている。その一方で、コラボレーションシステム「Surface Hub」に関する新たな情報も明らかにした。

 Microsoftが「Surface Hub 2」を発表したのは5月のことだ。この製品はSurface Hubのデザインを見直し、洗練さと機動性を高めたもので、2019年に出荷予定だとされていた。今回、同社は「Surface Hub 2S」を2019年第2四半期にリリースすると発表した。また、「Surface Hub 2X」と呼ばれるアップグレードサービスを提供することも併せて発表している。

 Surface Hub 2Sは、2015年に発売された初代Surface Hubを自社向けにカスタマイズし、古いソフトウェアを利用している企業が、その環境を維持したまま、Hub 2の洗練された新しいデザインのハードウェアを利用できるようにしたものだという。

 これに対して2Xは、Hub 2のプロセッサカートリッジが交換できる利点を活かし、ディスプレイのタイリングや回転、マルチユーザーログインのサポート、「Microsoft 365」へのアップグレードといった新機能を追加するサービスだ。2020年に提供を予定している。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]