編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

セールスフォース、Lightning Platform向けの新しいローコードツールを発表

NO BUDGET

2018-09-27 13:51

 セールスフォース・ドットコムは、Salesforce Lightning Platform上でよりスピーディなアプリ開発を支援する新たなローコードツールを発表した。

 Lightning Platformは、CRM(顧客関係管理)の利用範囲を広げてさらに多くの価値を得るための基盤で、ツールを利用することでアプリをさらにパーソナライズできる。今回発表したローコードツールには、Lightning Object CreatorとLightning Flow Builderの2つの機能が提供されている。

 Lightning Object Creatorは、コードではなくクリック操作によってスプレッドシートを最新アプリへと変換できる、新しいプラットフォームサービス。スプレッドシートをObject Creatorにドラッグ&ドロップすることで、デスクトップやモバイルで利用できるデジタルフォームを公開することができる。

 Lightning Flow Builderは、保険金請求の管理など、顧客や従業員体験に関するプロセスを自動化できる新しいローコードツール。顧客レコードに関連するワークフロー要素をシームレスに検出できる、シンプルなツールボックスを備えている。このツールを利用することで、スタッフと見込み客の双方が段階的なプロセスを通じて、製品の種類の特定や購入するためのフローを開発することができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]