Dreamforce

セールスフォースの「Customer 360」--データやアプリ統合、"完全なカスタマービュー"実現へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2018年09月26日 12時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Salesforceの次の目玉は、ほかのエンタープライズソフトウェア企業も取り組んでいる「顧客の全方向的な把握」をこれまでとは違った考え方で実現することだ。この新たな取り組みは、「Customer 360」と呼ばれている。

 同社は、開発会社や顧客企業向けの年次イベント「Dreamforce」でCustomer 360の概要を発表している。

 共同最高経営責任者(CEO)のMarc Benioff氏と最高技術責任者(CTO)のParker Harris氏は、Dreamforceの基調講演でCustomer 360の概要を説明した。Benioff氏は、顧客第一の主義について繰り返し述べた。Harris氏は、Customer 360についてもう少し技術的な話をした。デモの中で、複数のシステムでCustomer 360によってデータがいかに接続されるかを披露した。

Customer 360

 Salesforceが解決しようとしている問題は新しいものではないが大きなものだ。顧客企業の多くは、部門間のデータの分断に苦しんでおり、これを原因としたまとまりのない顧客体験によって、長年の間、企業と顧客のインタラクションが損なわれてきた。

 しかしこの問題には、すでにSAPやMicrosoft、Oracleなど、多くのエンタープライズソフトウェア企業が取り組んでいる。

 Salesforce Customer 360担当シニアバイスプレジデントPatrick Stokes氏は、従来の取り組みの問題は、企業がカスタマージャーニーをコントロールできると仮定していたことだと述べている。

 同社によれば、従来のマスターデータ管理ツール(各アプリケーションの顧客の記録を最新の状態に保つ役割を果たす)には、IT部門に大きな負荷がかかり、情報がリアルタイムに更新されないという問題がある。

 Customer 360はSalesforceのあらゆるエコシステムの真ん中に位置づけられている。

Salesforce Customer 360

 Salesforceは、Mulesoftの買収によって、顧客データを元のアプリケーションに置いたまま統合し、データがクラウドにあるか、オンプレミスにあるかに関わらず、データが統合された状態を維持してパーソナライズされた体験を実現することを目指している。

Salesforce

 Customer 360は、管理者向けにクリックベースのユーザーエクスペリエンスを提供し、アプリとデータを管理できるようにする。管理者がアプリ間の連携を取れるようにすることを想定している。このダッシュボードによって、顧客データ、アプリケーション、そしてさまざまなコネクションを1カ所で確認できるようになる。

 同社は「Customer 360 ID」によって、あらゆる顧客に一意の識別子を付与しようとしている。これには、名前、電子メールアドレス、電話番号、ソーシャルメディアのハンドルなどが含まれる。各クラウドの顧客データは、Salesforceのツールによってマッチングされ、照合され、更新される。また同社によれば、Customer 360のIDでは、各データはもともとそのデータがあったシステムに残したまま処理される。データは必要な場合にだけ取り出され、データレイクアーキテクチャやデータウェアハウスアーキテクチャを用いることはしないという。

 Salesforce Customer 360ではサービス、マーケティング、コマース向けにあらかじめビルドされたパッケージも提供される。こうしたパッケージによって、企業は「Service Cloud」「Commerce Cloud」「Marketing Cloud」での最も一般的なユースケースでのエクスペリエンスを素早く導入できる。

 Customer 360の考え方は、「Commerce Cloud」でショッピングカートに商品が放置されている場合にそれを検知し、「Marketing Cloud」で割引キャンペーンを実施するようなことを可能にするというものだ。

 Customer 360とほかのアプリケーションの連携を担うのは、MuleSoftの「Anypoint」だ。この連携によって、同社が言う「真に完全なカスタマービュー」を作り出すという。

 Customer 360はプラットフォームに組み込まれる形で実現される予定で、Stokes氏は、機能の多くは既存のライセンスで利用できるようになると述べている。

 SalesforceはCustomer 360の価格に関する詳細を明らかにしていない。一般提供の開始は2019年後半になる予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]