編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

企業サイトのHTTPS化は2割、大学や銀行では半数以上--JIPDEC調査

ZDNet Japan Staff

2018-10-26 07:59

 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が10月23日に公表した調査結果によると、9月現在で常時SSL/TLS(HTTPS化)を行っている国内企業サイトは20.6%に上ることが分かった。大学や銀行では5割以上に達している。

 調査では、トップページのHTTPS化の有無を確認し、HTTPS化されている場合は「常時SSL化対応サイト」とした。一部ページがHTTPS化されていている場合は「非常時SSL化対応サイト(非HTTPS)」に分類している。

 それによると、HTTPS化率は20.6%で、非HTTPSサイトは79.4%だった。HTTPS化率の高い上位10業種は、大学(57.0%)、銀行(51.2%)、小学校・中学校・高校(42.5%)、旅館・ホテル(39.3%)、通信販売(39.2%)、動物病院(38.6%)、情報通信・インターネット(38.5%)、専門学校(38.1%)、貸金業、クレジットカード(35.7%)、官公庁(35.1%)となっている。

HTTPS化率の上位10業種(出典:JIPDEC)
HTTPS化率の上位10業種(出典:JIPDEC)

 従業員規模別は、1000人以上が48.8%で最も多く、以下は300~1000人未満(38.2%)、100~300人未満(28.5%)、50~100人未満(21.0%)、25~50人未満(17.2%)、20人未満(15.1%)だった。都道府県別では、東京都の26.5%だった。東京を除く上位9カ所のHTTP化率は19.6~22.0%の範囲だった。

 HTTPS化サイトに導入されているSSLサーバ証明書の種類は、ドメイン認証(DV)が83.7%、企業実在認証(OV)が14.4%、Extended Validation型(EV)が1.9%だった。

JIPDECがフィードテイラーのツールを使ってネットビジネスサポートが保有する企業や団体の約40万件のURLを対象に調査。JIPDECは「Google Chrome」がHTTPS化していないウェブサイトに対して警告を表示して、検索表示への影響が懸念されるとし、企業サイトがビジネスで重要な位置付けにあることから、HTTPS化の実態を把握する目的で行ったと説明する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]