編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

世界主要企業サイトの約4割が常時SSLに対応--あとらす二十一調査

NO BUDGET

2016-06-15 07:00

 あとらす二十一は、6月8日、世界主要企業および国内主要企業サイトについて行った常時SSL対応についての独自調査の結果を発表した。

 これによると、常時SSL対応率は、世界と国内の主要企業に大差はないが、https完全対応率は世界主要企業が圧倒的に高いことが分かった。また、欧州の一部の国で常時SSL対応率、https完全対応率ともに高くなっていることも明らかになった。https完全対応とは、入力フォーム、ログインページ、決済ページなどのページだけではなく、ウェブサイトのすべてページをSSLで暗号化すること。これに対し、決済ページなど重要なページは常時SSL化するが、通常のhttpのページと併用する方法もある。

 この調査は、2016年5月9~20日の間で実施された。方法は、PCによる目視調査。調査対象は、フォーチュン「GLOBAL500」2015年版に掲載された企業および日経225に選定されている企業の公式サイトで、調査対象サイト数は、世界主要企業500サイトおよび国内主要企業225サイト。

 調査によると、世界主要企業サイトの地域別でみると、欧州、北米が常時SSL対応率が高く、https完全対応率も高い傾向がある。アジアでは、欧州、北米と比較し、常時SSL対応率が低く、http併用で対応する傾向が強いことが判明した。

世界・国内主要企業サイト常時SSL対応状況の比較
世界・国内主要企業サイト常時SSL対応状況の比較

 国内主要企業では、http併用も含めると34%(77社)で、世界主要企業の同37%(184社)と比較して遜色はそれほどない。しかし、https完全対応で比較すると、国内主要企業が1%(3社)に対し、世界主要企業は17%(85社)となっている。

図2世界主要企業サイトの地域別 常時SSL対応状況
図2世界主要企業サイトの地域別 常時SSL対応状況

 とくに欧州各国では、https完全対応率が比較的高く、ドイツ、スイス、オランダでは、常時SSL対応率、https完全対応率ともに高い傾向があることが分かった。ドイツはhttps完全対応率が43%(12社)、スイスでは同42%(5社)、オランダでは同31%(4社)。一方、中国はhttps完全対応率は0%で、http併用で見ても、常時SSL対応をしているサイトは5%(5社)だった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]