「Windows 10」、大企業で利用されているWindowsの半数に

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2018年10月30日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 Microsoftは、Windows 7の無料サポート終了まで1年強を残すだけとなったこの時期になって、興味深い節目を迎えた。大企業で使用されているすべてのWindowsデバイスのうち、Windows 10が動作しているデバイスが半数を超えたという。

 この数字が明らかになったのは、同社が最近開催したITプロフェッショナル向けカンファレンス「Ignite」でのことだ。米国時間10月24日に開催された同社の2019会計年度第1四半期の業績報告の電話会議でも、最高経営責任者(CEO)Satya Nadella氏が、アナリストやプレスに対して明確に「商用デバイスインストールベースの半数以上がWindows 10を使用している」と述べている。

 Igniteの後で確認の問い合わせを行ったところ、広報担当者から「Microsoftが持っているデータによれば、大企業で使用されているWindows 10のデバイスは、それ以前のバージョンのWindowsよりも多くなっている」という回答を得た。

 この数字と、Microsoftが法人で利用しているWindows 10デバイスの台数としてよく引用している2億台という数字はどういう関係にあるのだろうか。実際には、これらの数字に直接的な関連はない。これは、2億台という数字に中小企業顧客のデバイスが含まれているためだ。

 しかし、この期に及んで、大企業に古いバージョンのWindowsが50%近く残っているというのは気がかりだ。

 確かに、ボリュームライセンスを利用している場合、2020年1月14日に設定されているWindows 7のサポート終了期限を迎えても、「ソフトウェアアシュアランス」や有償の延長サポート「Exctended Secuirty Update」を利用すれば、セキュリティアップデートを受け続けることができる。このことを考えれば、この数字は心配するようなものではないと思えるかもしれない。

 MicrosoftがWindows 7をリリースしたのは2009年7月のことだ。その後、多くのエンタープライズ顧客がなかなかWindows 7を導入しない状態が続き、中にはWindows 10がリリースされた2015年7月の数カ月前に、ようやくWindows 7が導入されたようなケースもあった。

 Microsoftの経営陣は、同社がWindowsの企業からクラウドの企業に変わったと印象づけようとしているが、Windowsは依然としてMicrosoftの事業にとって大きな柱の1つだ。同社は、「モアパーソナルコンピューティング」部門の売上高のうち、どれだけがWindowsの売上かを明らかにしていない。この部門には、ゲーム事業や「Surface」などのデバイス事業、広告事業なども含まれており、2019会計年度第1四半期の売上高は107億ドルだった。また「プロダクティビティ&ビジネスプロセス」部門の売上高は98億ドル、「インテリジェントクラウド」部門は86億ドルだった。

 Microsoftのある幹部役員は最近、同社のクラウド事業は年間総売上高の4分の1弱を占めていると発言している。役員がクラウドについて多くを語る一方、Windowsについてはあまり触れていないことを考えると、たった4分の1かと驚く人も多いに違いない。

 最近行われた業績発表でも、これまでどおり同社のさまざまな「法人向けクラウド」(「Azure」、法人向け「Office 365」「Dynamics 365」、「LinkedIn」の法人向けサービスなど)が大々的に取り上げられた。2019会計年度第1四半期の法人向けクラウド事業の売上高は85億ドルに達したという。

 ここで、あるMicrosoftの役員が挙げた興味深い数字を紹介しておきたい。「Dynamics ERP/CRM」は今会計年度中に売上高が25億ドルに達する見込みであり、その半分が「Dynamics 365」の売り上げだというのだ。これは逆に言えば、売り上げの残りはオンプレミス版のDynamicsが占めているということだろう。

 今四半期、法人向けOffice 365の登録ユーザーは1億5500人に達し、一般向けOffice 365の登録ユーザーは3250万人になったという。またゲーム事業の売上高は、「Game Pass」「Xbox Live」およびハードウェア販売が好調だったことを受けて、ホリデイシーズンを含む四半期を前にして、前年比44%増となった。サーバ製品も引き続き大きな伸びを見せている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]