編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

LINE、SAPの調達・購買クラウドプラットフォームを導入

NO BUDGET

2018-10-29 09:42

 LINEは、SAPの中堅成長企業向け調達・購買クラウドプラットフォーム「SAP Ariba Snap」を導入する。SAPジャパンが発表した。

 LINEでは、IT機器などさまざまな品目・サービスの調達購買を行っているが、連動していない複数のワークフローやシステムを経由した非効率な購買プロセスが存在しており、企業成長に伴い、購買金額、対象となる品目・サービスが増大・複雑化していたという。

 この課題解決のため、同社では、購買業務プロセスの効率化、内部統制の強化、購買品目のコスト削減を目的に新システムの検討を開始していた。

 「SAP Ariba」について、同社は、調達・購買プラットフォームとして広い業務領域をカバーでき、購買活動の主要な業務である戦略的なデータ分析に基づくソーシングや、サプライヤー・契約管理といった活動をシステムを使って効果的に行えることを評価した。また、SAP Aribaをテンプレート化することにより、最短12週間での導入が可能なことも採用の決め手となった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]