編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
Oracle OpenWorld

2019年に東京と大阪でデータセンター稼働--日本オラクルのオーバーマイヤーCEO

藤本和彦 (編集部)

2018-10-29 13:00

日本オラクルの取締役 執行役社長 最高経営責任者(CEO)であるFrank Obermeier氏
日本オラクルの取締役 執行役社長 最高経営責任者(CEO)であるFrank Obermeier氏

 日本オラクルの取締役 執行役社長 最高経営責任者(CEO)であるFrank Obermeier氏は、米国サンフランシスコで開催された「Oracle OpenWorld 2018」で日本メディアのグループインタビューに応じた。セキュリティを強化した新たなクラウド基盤「Generation 2 Cloud(Gen 2 Cloud)」や、東京と大阪に開設するデータセンターについてアピールした。

 Obermeier氏はまず、OpenWorld 2018は主に2つの点に焦点が当てられたと振り返る。一つは、“第2世代”のクラウド基盤と強調するGen 2 Cloudの発表。もう一つは、自律機能を備えたアプリケーションの統合である。この2点において、他のクラウドベンダーと差別化を図っているという。

 「日本オラクルのCEOに就任して1年半になる。この間、エンタープライズ顧客との関係構築だけでなく、システムインテグレーターとの関係強化にも注力してきた。東京と大阪でのデータセンター新設は、顧客企業にとっても、パートナーにとっても、大きなメリットとなる」

 OpenWorld 2018では、Gen 2 Cloudに対応したデータセンターを2019年5月に東京、同12月末までに大阪で、それぞれ開設することが明らかにされている。

Oracleが展開するデータセンターの一覧
Oracleが展開するデータセンターの一覧

 「基幹系のシステムをクラウドに移行するには、極めて高いセキュリティが必要だ」とObermeier氏は指摘する。特に、日本の企業はデータベース暗号化や監査対応、データセンターとエッジをつなぐネットワークなど、総合型のセキュリティに期待しているという。こうした点については、セキュリティを強化して新設計したGen 2 Cloudや、パッチ適用などを自律的に実施する「Autonomous Database」が差別化の戦略となる。

 「全ての顧客に対して、自律型クラウドを紹介したいと考えている。現在、通信や金融、公共など、さまざまな業界で50以上の概念実証(PoC)を実施している。現時点では、アジア圏など日本以外のデータセンターを活用したものとなっているが、日本のデータセンターが稼働したら切り替えられるようにしている」

 多くのエンタープライズ企業から、データセンターを日本に持ってきてほしいという声があった。日本にデータセンターがあれば、オンプレミスで稼働しているデータベースをオラクルのデータセンターに移すことができるという。日本には非常に大きな稼働資産があり、多くの企業がそれをクラウドに移行させたいと考えている。

 これまではデータセンターができてから、顧客に使用してもらったり、パートナーに評価してもらったりすることが多かった。キーとなる顧客には日本のデータセンターでPoCなどを進めてもらいたい、とObermeier氏は強調した。

(取材協力:日本オラクル)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]