編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
企業買収

シマンテック、エンドポイントセキュリティなど強化へ--AppthorityとJavelin Networks買収

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-11-06 10:53

 Symantecは米国時間11月5日、「Integrated Cyber Defense Platform」に重要なテクノロジの統合をもたらす取り組みの一環としてAppthorityJavelin Networksを買収したと発表した。Symantecは、Appthorityの買収によってモバイルアプリの脆弱性に対する保護の強化が図れる一方、Javelin Networksの買収によって「Active Directory」ベースの攻撃を防御するためのツールが得られると述べている。

 AppthorityとJavelin Networksはともに、Symantecのエンタープライズ向けセキュリティ事業の一部であるエンドポイントセキュリティ事業に組み入れられた。エンタープライズ向けセグメントの売上高は、1日に発表されたSymantecの2019会計年度第2四半期決算で予想に届かなかったものの、最高経営責任者(CEO)Greg Clark氏は今後の数四半期で予定している新製品の投入によって「再び勢いを取り戻す」ことができると見込んでいると述べた。

 Clark氏は決算発表後のアナリストらとの電話会議で「エンドポイント環境では厳しい競争が繰り広げられている」と述べたうえで、「われわれの製品は、エンドポイント市場の大手のいくつかと比べても著しく効果的なものだ」と続けた。

 同氏によると、エンドポイントで企業をマルウェアから保護するうえで、Symantecは従来型のシグネチャベースでの保護および検出テクノロジとともに、人工知能(AI)も活用することで、競合企業に比べて優位に立っているという。

セキュリティ

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]