編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ミツフジ、生体情報管理サービスに「IBM Maximo Worker Insights」を採用

NO BUDGET

2018-11-21 09:55

 ミツフジは、同社の生体情報マネジメントサービス「hamon」のクラウドプラットフォームに、IBMの産業用IoTソリューション「IBM Maximo Worker Insights」を採用したとを発表した。

 「hamon」は銀メッキ導電性繊維を素材にしたIoTウェアラブルデバイスから、着用者の心拍などの生体データを収集し、これらのさまざまなデータを健康管理、従業員の見守り、介護・福祉、スポーツ・コンディショニングなどの分野で活用するサービス。

 「IBM Maximo Worker Insights」は、業務担当者の心拍などの生体データと位置情報、湿度、温度、騒音、有毒ガスといった環境データを分析し、業務担当者の健康管理を支援する仕組みを提供するIoTソリューション。「hamon」で提供される生体アルゴリズムと連携することにより、建設作業員や工場勤務者など厳しい労働環境における業務担当者向けの健康管理サービスを、簡単に短期間で開発できるようになる。

 同クラウドプラットフォームの開発ならびに運用は、日本情報通信(NI+C)が担当する。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]