編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

マリオットの情報流出、5億人に影響の恐れ--米でデータ保護関連法求める声も - (page 2)

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-12-03 08:47

 MarriottのCEOであるArne Sorenson氏は、「できる限り全力を尽くして顧客をサポートし、これを教訓に今後の改善に努めたいと思う」と述べた。

 Marriottが大規模なデータ流出を発表したわずか数時間後に、米議員らは消費者の機密情報を保護するために、データプライバシーおよびセキュリティ保護法案を米議会で可決することを求めた。議員らは、消費者データを保護し、顧客の個人データを扱う企業に責任を課すための連邦法の制定を求めている。

 米上院情報問題特別調査委員会の副委員長で、Cybersecurity Caucusの共同創業者であるMark Warner上院議員は、このような大規模なデータ流出があまりにも頻繁に発生していることを指摘し、この傾向をニューノーマル(新たな常態)として受け入れてはならないと警告した。

 同氏は声明で、「データを最小限にすることを義務付ける法案を可決し、不要になった機密データを企業が保有し続けることのないようにしなければならない」とし、「こうした過失の負担と代償を消費者が負うのではなく、セキュリティに関する責任を確実に企業に課すためのデータセキュリティ法を制定するべき時が来ている」と述べた。

Mark Warner上院議員
Mark Warner上院議員
提供:Pete Marovich / Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]