AWS re:Invent

AWSの責任者に聞く、新機能でセキュリティを強化する理由

國谷武史 (編集部) 2018年12月06日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon Web Services(AWS)は、11月下旬に米国ラスベガスで開催した年次イベント「re:Invet」でセキュリティ関連の新機能「AWS Control Tower」や「AWS Security Hub」などを発表した。これらを提供する狙いを、セキュリティエンジニアリング バイスプレジデント兼最高情報セキュリティ責任者のStephen Schmidt氏に聞いた。

Amazon Web Services セキュリティエンジニアリング バイスプレジデント兼最高情報セキュリティ責任者のStephen Schmidt氏
Amazon Web Services セキュリティエンジニアリング バイスプレジデント兼最高情報セキュリティ責任者のStephen Schmidt氏

 AWS Control Towerは、マルチアカウントを保有するユーザーに対して、AWSのベストプラクティスに基づいたアカウントの権限やルール、ポリシーなどの設定の自動化や可視化を図る機能を提供する。AWS Security Hubでは、セキュリティベンダーを中心とする26のパートナーのサービスとAPIで連携し、ユーザーが使用するインスタンスなどのセキュリティ状況の評価、可視化、修復といった一連のプロセスを支援するとしている。

 Schmidt氏は、AWS Control Towerについて「マルチアカウントのユーザーがAWSのサービスを適切に利用していくための“ガードレール”の役割を果たす」と説明する。特に、何万ものアカウントを使用するユーザーでは、時にアカウントの不適切な共有や使用によって重要なデータが意図せずに公開されてしまうといったインシデントに直面している。8月には、ホスティングサービスを手がけるGoDaddyの内部情報が流出した可能性があるとの報道が出た。Amazon Simple Storage Service(S3)での不適切なバケット設定が原因との指摘もなされた。

大規模なマルチアカウント環境を統制を確保するために提供される「AWS Control Tower」
大規模なマルチアカウント環境を統制を確保するために提供される「AWS Control Tower」

 「S3バケットのデータを一般公開の状態にしてしまうリスクがあり、特に大規模ユーザーがアカウントの設定や管理をマニュアルで実施するのは難しい。このため、多数のアカウントに対し、均一のポリシーやルールを適用する仕組みの必要性が高まっている」(Schmidt氏)

 一方、AWS Security HubはAWS環境におけるセキュリティ対策のオーケストレーションのような役割を担うという。脅威検出の「GuardDuty」などAWS自体が提供しているセキュリティ機能と、サードパーティーが提供するファイアウォールや不正侵入検知/防御システム(IDS/IPS)、セキュリティ情報・イベント管理(SIEM)といった機能が連携し、AWS Security Hubを通じて脆弱なシステムの把握やアラートの管理、脅威対応までの一連のプロセスを効率化する。

 当初の管理・監視対象はAWS環境になるが、「将来的にPCI DSS(ペイメントカードのセキュリティ標準)やHIPAA(米国の医療情報セキュリティなどに関する法令)といった規制でのベストプラクティスに基づくセキュリティ評価などもできるようにしたい。ユーザー要望が高まれば、オンプレミス環境を含む一元的なビュー、あるいは同業他社とのセキュリティ状態の比較といったことも検討していきたい」とSchmidt氏は話す。

26ベンダーのセキュリティ機能をオーケストレーションする「AWS Security Hub」
26ベンダーのセキュリティ機能をオーケストレーションする「AWS Security Hub」

 AWSは「責任共有モデル」を導入しており、セキュリティなどに関してホスト領域をAWSが、ホストより上のレイヤではユーザーが責任を負う。このモデルに従えば、例えば、AWS Control Towerがカバーするアカウント管理はユーザーの責任領域になるが、「新機能によって責任共有モデルが変更されるわけではない」(Schmidt氏)といい、AWS Control Towerがユーザーに代わってセキュリティの責務を負うわけではなく、あくまでユーザーの運用を支援する機能という位置付けだ。

 セキュリティベンダーのMcAfeeが発表したレポートによれば、IaaSやPaaSにおける設定ミス関連のインシデントは一度の運用で平均14件発生し、月平均では2200件を超える状況という。企業のクラウドシフトが進むつれ、特にアカウントの拡大における不備が大きなリスクになる。

「re:Invet」でツイートされたキーワードでは「セキュリティ」が2番目に多かった
「re:Invet」でツイートされたキーワードでは「セキュリティ」が2番目に多かった

(取材協力:アマゾン ウェブ サービス ジャパン)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]