編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
AWS re:Invent

AWSの責任者に聞く、新機能でセキュリティを強化する理由

國谷武史 (編集部)

2018-12-06 06:00

 Amazon Web Services(AWS)は、11月下旬に米国ラスベガスで開催した年次イベント「re:Invet」でセキュリティ関連の新機能「AWS Control Tower」や「AWS Security Hub」などを発表した。これらを提供する狙いを、セキュリティエンジニアリング バイスプレジデント兼最高情報セキュリティ責任者のStephen Schmidt氏に聞いた。

Amazon Web Services セキュリティエンジニアリング バイスプレジデント兼最高情報セキュリティ責任者のStephen Schmidt氏
Amazon Web Services セキュリティエンジニアリング バイスプレジデント兼最高情報セキュリティ責任者のStephen Schmidt氏

 AWS Control Towerは、マルチアカウントを保有するユーザーに対して、AWSのベストプラクティスに基づいたアカウントの権限やルール、ポリシーなどの設定の自動化や可視化を図る機能を提供する。AWS Security Hubでは、セキュリティベンダーを中心とする26のパートナーのサービスとAPIで連携し、ユーザーが使用するインスタンスなどのセキュリティ状況の評価、可視化、修復といった一連のプロセスを支援するとしている。

 Schmidt氏は、AWS Control Towerについて「マルチアカウントのユーザーがAWSのサービスを適切に利用していくための“ガードレール”の役割を果たす」と説明する。特に、何万ものアカウントを使用するユーザーでは、時にアカウントの不適切な共有や使用によって重要なデータが意図せずに公開されてしまうといったインシデントに直面している。8月には、ホスティングサービスを手がけるGoDaddyの内部情報が流出した可能性があるとの報道が出た。Amazon Simple Storage Service(S3)での不適切なバケット設定が原因との指摘もなされた。

大規模なマルチアカウント環境を統制を確保するために提供される「AWS Control Tower」
大規模なマルチアカウント環境を統制を確保するために提供される「AWS Control Tower」

 「S3バケットのデータを一般公開の状態にしてしまうリスクがあり、特に大規模ユーザーがアカウントの設定や管理をマニュアルで実施するのは難しい。このため、多数のアカウントに対し、均一のポリシーやルールを適用する仕組みの必要性が高まっている」(Schmidt氏)

 一方、AWS Security HubはAWS環境におけるセキュリティ対策のオーケストレーションのような役割を担うという。脅威検出の「GuardDuty」などAWS自体が提供しているセキュリティ機能と、サードパーティーが提供するファイアウォールや不正侵入検知/防御システム(IDS/IPS)、セキュリティ情報・イベント管理(SIEM)といった機能が連携し、AWS Security Hubを通じて脆弱なシステムの把握やアラートの管理、脅威対応までの一連のプロセスを効率化する。

 当初の管理・監視対象はAWS環境になるが、「将来的にPCI DSS(ペイメントカードのセキュリティ標準)やHIPAA(米国の医療情報セキュリティなどに関する法令)といった規制でのベストプラクティスに基づくセキュリティ評価などもできるようにしたい。ユーザー要望が高まれば、オンプレミス環境を含む一元的なビュー、あるいは同業他社とのセキュリティ状態の比較といったことも検討していきたい」とSchmidt氏は話す。

26ベンダーのセキュリティ機能をオーケストレーションする「AWS Security Hub」
26ベンダーのセキュリティ機能をオーケストレーションする「AWS Security Hub」

 AWSは「責任共有モデル」を導入しており、セキュリティなどに関してホスト領域をAWSが、ホストより上のレイヤではユーザーが責任を負う。このモデルに従えば、例えば、AWS Control Towerがカバーするアカウント管理はユーザーの責任領域になるが、「新機能によって責任共有モデルが変更されるわけではない」(Schmidt氏)といい、AWS Control Towerがユーザーに代わってセキュリティの責務を負うわけではなく、あくまでユーザーの運用を支援する機能という位置付けだ。

 セキュリティベンダーのMcAfeeが発表したレポートによれば、IaaSやPaaSにおける設定ミス関連のインシデントは一度の運用で平均14件発生し、月平均では2200件を超える状況という。企業のクラウドシフトが進むつれ、特にアカウントの拡大における不備が大きなリスクになる。

「re:Invet」でツイートされたキーワードでは「セキュリティ」が2番目に多かった
「re:Invet」でツイートされたキーワードでは「セキュリティ」が2番目に多かった

(取材協力:アマゾン ウェブ サービス ジャパン)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]