JFEスチール、製鉄所の安全行動にAI活用--立入禁止エリアへの進入検知

NO BUDGET

2018-12-14 10:45

 JFEスチールは12月11日、人工知能(AI)による画像認識を活用した製鉄所での「安全行動サポート技術」を開発したと発表した。NECとNECソリューションイノベータが技術協力した。既に知多製造所(愛知県半田市)の中径シームレス管工場で有効性を確認しており、2019年から全社展開する予定だ。

 深層学習の技術を使って大量の人物画像を学習させることで、実用レベルの人物検知を実現する。条件によって立入禁止エリアが変化する特殊な工場内においても、AIが正しくエリアを認識する。製鉄所の工場内は場所によって照明条件が異なり、多種多様な装置が配置されていることに加え、作業者もさまざまな姿勢で作業を行うため、人物検知そのものが困難な環境だった。

 そこで、この技術を核として立入禁止エリアに作業者が進入してしまった場合には、AIが警報を発するとともに自動でラインを停止させるシステムを構築した。

安全行動サポート技術の概要(出典:NEC)
安全行動サポート技術の概要(出典:NEC)
さまざまな作業姿勢に対応する(出典:NEC)
さまざまな作業姿勢に対応する(出典:NEC)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]