アップル引越センター、RPA活用でデータ集計・入力作業を省力化

NO BUDGET

2018-12-14 10:58

 アップル引越センターは、RPAプラットフォーム「Automation Anywhere Enterprise」を導入した。従業員の連続勤務日数の確認、顧客からのアンケート集計・入力といった煩雑な業務を省力化する。

 アップル引越センターでは、連続勤務日数の確認やアンケートの集計・入力を手作業で対応していたが、他業務との兼ね合いから確認頻度を減らしたり、対応しきれない業務を外注したりしていた。そこで、課題解決のため業務を自動化できるRPA(ロボットによるプロセス自動化)の導入を検討することとなった。

 Automation Anywhere Enterpriseについて同社では、ロボットの稼働を制御できるサーバ管理機能や、どのような業務でも自動化できる汎用性を高く評価している。また、ユーザーIDやパスワードが管理者以外に漏れない高いセキュリティレベルも採用の決め手となった。

 導入に当たっては、Automation Anywhere Enterpriseの販売パートナーであるINSIGHT LABが技術支援を提供した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]