先鋭化するランサムウェアや「環境寄生型」攻撃を報告--ソフォス

渡邉利和 2018年12月20日 10時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 ソフォスは12月19日、2018年のセキュリティ脅威動向と2019年の予測をまとめた「2019年版脅威レポート(PDF)」に関する説明会を開催した。2018年の事業動向なども報告した。

ソフォス 代表取締役の中西智行氏
ソフォス 代表取締役の中西智行氏

 このレポートは、同社の研究組織「Sophos Labs」が収集、分析した情報をまとめたもの。Sophos Labsは英国、ハンガリー、インド、オーストラリア、カナダの5拠点があり、各拠点が中継しながら24時間体制で対応しているという。基本的には英連邦各国に所在しているが、唯一の例外がハンガリーで、これは「セキュリティ脅威の発生源となるのが旧共産圏(東欧諸国や中央アジア)であることが多い」(代表取締役の中西智行氏)という理由で、その発生源に近い場所でいち早く検知することを目的にしている。

 さらに中西氏は、同社の事業状況として主力の次世代型ファイアウォール製品「XG Firewall」と集中管理コンソール「Sophos Central」、エンドポイント保護「Intercept X Endpoint」が順調に伸びていると報告。エンドポイントとネットワークのセキュリティが相互連携するという同社の「Synchronized Security」というコンセプトに基づく製品の展開が市場に受け入れられているとの認識を示す。一方、新たな脅威の出現に対応し、従来の「ブロックする」という発想に加えて、侵入された後からでもその状況をいち早く察知し、対応につなげるためのEDR(Endpoint Detection and Response)機能を追加する製品「Intercept X Advanced with EDR」などの強化にも取り組んでいることを強調した。

 脅威動向に関しては、エンタープライズ営業本部 セキュリティソリューションコンサルタントの佐々木潤世氏が、「標的型攻撃の進化/動向」「環境寄生型」「モバイル/IoT」の3点を挙げた。まず標的型攻撃の動向では、特定の対象をピンポイントに狙う標的型攻撃の手法とランサムウェアの組み合わせが、攻撃者にとって大きな成果につながったという。

ソフォス エンタープライズ営業本部 セキュリティソリューションコンサルタントの佐々木潤世氏
ソフォス エンタープライズ営業本部 セキュリティソリューションコンサルタントの佐々木潤世氏

 2017年に大流行した「WannaCry」などのランサムウェアは、基本的にはばらまき型だったが、2018年に猛威を振るった「SamSam」などの攻撃では、特定の企業/組織などを狙って高度な技術力を有する攻撃者が、時間を掛けて攻撃を仕掛ける。ランサムウェアを実行する前に標的マシンのバックアップデータを潰しておくなど、攻撃者はさまざまな手法を駆使して、被害者が身代金の支払いに応じざるを得ない状況を作っていくとした。

 この攻撃を仕掛けたグループは、ビットコインによる支払いを要求したが、この際に支払先として指定されるウォレット(wallet)が限られていたことから、同社ではこのウォレットに対してどのような振り込みが行われたか情報収集を実施。その結果、2016年1月から2018年11月までに約690万ドル(約7億円)の利益を獲得していた可能性があると推測した。この成果を受けて模倣犯も出現しているといい、いずれも感染規模はさほど大きくはないものの、被害1件当たりの支払額は高額化する傾向にあるという。

 また、「環境寄生型(Living Off the Land)」と呼ばれる攻撃手法も報告。この攻撃では、対象となるエンドポイントに実装されているツールなどを上手く活用することで、外部からマルウェアを直接送り込むのではなく、エンドポイント上でマルウェアを完成させるという形をとり、検知をより一層困難にする。従来のような何らかの手法でマルウェア本体をダウンロードさせるといった方法では、セキュリティ製品のシグネチャやパターンファイルなどによる検知対応も取りやすいが、環境寄生型ではマルウェアのコードを断片的に送り込み、エンドポイント上でスクリプトを実行して組み上げるといった複雑なプロセスを実行する点に特徴がある。

ソフォスがまとめた2018年のセキュリティ脅威動向
ソフォスがまとめた2018年のセキュリティ脅威動向

 これまでのように、侵入時点で即「怪しい」と判断することが困難となっていることから、佐々木氏は、機械学習などを活用したEDR機能を利用して、こうした挙動を検出できるような対応を進めているとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]