AT&Tの「You Will」広告から25年--テクノロジの未来を再予測

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 編集部 2018年12月28日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 1993年、AT&Tは「You Will」という広告キャンペーンでテクノロジの未来についてユニークな予測を行った。ビデオ通話やGPS機能を使ったカーナビなど、あらゆるものを予言している。

 そして、そうした予測のほとんどは実現している。

1993年のYou Will広告では、オンデマンドのビデオストリーミングサービスが予想されていた。
1993年のYou Will広告では、オンデマンドのビデオストリーミングサービスが予想されていた。

 電子書籍やETC(電子料金収受)システムなどのテクノロジの多くは、今日では当たり前になっている。しかし、これらの予測はインターネットがまだ始まったばかりの時期に考えられたもので、大部分の人々はアナログの世界に生きていたことを忘れてはならない。これらのイノベーションは、AT&Tが顧客に提供するサービスとして予想したものだが、思い通りにはならなかった。その多くは、Apple、Google、Amazonといったテクノロジ企業によって実現したからだ。しかしながら、この広告は、われわれの生活が今どのようなものなのか、四半世紀も前であるにも関わらず恐ろしく正確な見通しを立てている。

 You Will広告の25周年を記念して、AT&Tは同社の従業員と外部の学者たちに、新たな予測を示すように求めた。その中から注目に値するものを紹介する。

AT&Tの現在の経営陣と外部の学者たちが集まり、新たな見通しをまとめた。
AT&Tの現在の経営陣と外部の学者たちが集まり、新たな見通しをまとめた。

介護ロボット

 ロボットは、掃除機やペットといったさまざまな形で生活に入り込んでいる。マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者であるAndrew McAfee氏は、認知症の高齢者や自閉症の子供をサポートする、より高度なロボットを思い描いている。

 「ロボットの素晴らしい点を1つ挙げるとすれば、人間にいら立つことがないということだ」とMcAfee氏は話す。

人工知能(AI)とデジタルセルフ

 AIを用いれば、100年後の世界に自分の痕跡を残すことができる。AT&Tで運用自動化およびプログラム管理担当バイスプレジデントを務めるAlicia Abella氏は、亡くなった父親が野球の投手だったことから、その“AIプリント”を作成できれば、息子に野球のやり方を教えられるだろうと想像する。

 コンサルティング企業であるNot Terminatorの共同創業者でストラテジスト、技術専門家のMichaela Rose氏は、全ての子供がAIアシスタントを持つようになり、宿題の手伝いやそれぞれにあった学習プランの作成が可能になると考える。

健康管理

 フューチャリストでテクノロジ哲学者のGrey Scott氏は、衣類型のウェアラブル端末は、心拍の停止を検出すると、自動でドローンを呼んで除細動器を運ばせるといったことが可能になると予測する。Abella氏も同様に、自宅や衣服に備わった広大なセンサネットワークが、利用者の健康状態を絶えず監視するようになるだろうと見通す。

スマートホーム

 AT&T LabsのプレジデントでAT&Tの最高技術責任者(CTO)を務めるAndre Fuetsch氏は、自宅から外出すると状態を変化させるスマートホームの可能性について語った。映画制作デザイナーのHannah Beachler氏はさらに一歩進んで、好みによって絵画が変化したり、室温が自動で調整されたりする状況を思い描く。

音声アシスタント「Alexa」を搭載した「Echo Dot」のようなスピーカーによって自宅がスマート化されつつある。
音声アシスタント「Alexa」を搭載した「Echo Dot」のようなスピーカによって自宅がスマート化されつつある。

ショッピング

 Abella氏の思い通りになるなら、食料品の買い出しといった日常もなくなるだろう。同氏の説明では、お店で自分が買うトマトを選んでいるように見えても、それは自分のアバター(分身)を使ってのことで、実際は自宅で座りながら行っているのだという。

 Beachler氏も同様に、自分と同じ体型のアバターを使って洋服の試着をし、印象を確かめたいと思っている。そのまま注文すれば、どこにでも配達されるだろう。

自動車

 自律運転は、この産業にとって真のゲームチェンジャーになる可能性がある。AT&Tでリテール&ケア担当シニアエグゼクティブバイスプレジデントを務めるRsesh Patel氏は、「25年後に車を所有する人はいなくなるだろう」と話す。

 AT&Tは自動車同士が通信する技術(それは同社も擁するセルラーネットワークに他ならない)について語っている。

「Waymo」の自動運転車は既にテスト段階に入っている。
「Waymo」の自動運転車は既にテスト段階に入っている。

 「酔っ払い運転による死亡事故を避けられる。もはやそのようなことは起こり得ない」(Scott氏)

新しい映画体験

 AT&T Entertainment Groupの製品管理担当バイスプレジデントを務めるWayne Purboo氏は、帽子やメガネ、リストバンドなどのあらゆる場所に仕込まれたカメラで撮影した映画を構想する。

 「自分の座っている席が気に入らなければ、立ち上がってよそに行く。映画の中でそれができるようになると想像してほしい」(Purboo氏)

 こうした推測の幾つかは、まだ実現しそうにない。しかし、1993年当時の多くの予測を思い出してほしい。われわれが日常的に使用しているテクノロジの大部分、例えば、コンピュータを使ったビデオ会議やオンデマンドでのビデオストリーミングは、当時としてはかなり型破りなものだったろう。

AT&T幹部のWayne Purboo氏(左)が、CTOのAndre Fuetsch氏と映画制作デザイナーのHannah Beachler氏に映画の未来を語っている。
AT&T幹部のWayne Purboo氏(左)が、CTOのAndre Fuetsch氏と映画制作デザイナーのHannah Beachler氏に映画の未来を語っている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]