編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

津田駒工業、「SAP S/4HANA」導入し基幹システムを刷新

NO BUDGET

2019-01-25 12:55

 津田駒工業は、経営管理の効率化を目的に「SAP S/4HANA」とクラウド基盤「SAP HANA Enterprise Cloud」を導入した。SAPジャパンが発表した。津田駒工業は、1月からシステム設計を本格化させている。

 同社はSAPソリューションのこれまでの実績を評価し、信頼性の高いシステム構築が可能だと判断した。これまで独自の基幹システムを構築して事業を管理してきたが、変化のスピードが増す時代に対応するために、最新鋭の基幹システムを導入し、生産性の向上や働き方改革に結びつけていく。

 ERPの導入により、生産状況など社内状況のタイムリーな把握や経営判断に必要な情報を一元管理し、データ化することで、より迅速かつ正確な状況判断と対応決定を目指す。またシステムに対応した業務の標準化、可視化を進めることにより、全社の業務全般の合理化・効率化を進めていく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]