編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

IBMとThe Open Group、データサイエンティスト認証制度を発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-02-01 11:22

 IBMと、オープンでベンダー非依存の技術標準と認証の開発を進めているThe Open Groupは、現在最も需要が高い職種の1つでの訓練のあり方を提言しようとしている。

 データサイエンスの分野のスキル不足は、近年各所で叫ばれている。自動化や機械学習(ML)、人工知能(AI)によってこういったスキル不足を低減できる可能性はあるものの、より多くの人材が求められている。

 IBMThe Open Groupは米国時間1月29日、スキルと資格を評価するためのデータサイエンティスト認証制度「Open Group Professional Certification Program for the Data Scientist Profession(Open CDS)」を発表した。IBMは自社内でこの認証を利用することで、同社の従業員に新たなキャリアパスを提示すると述べている。認証には3つのレベルがあり、書類やインタビューでスキルや経験が評価される。

 またIBMは、社内でデータ・サイエンス・アプレンティスシップ(見習い制度)プログラムを立ち上げたとも述べた。大学の学位なしで参加できる就職希望者向けの24カ月のプログラムで、教育、メンターシップ、実務経験の3つの内容で構成される。修了時には、Open CDSのLevel 1の要求レベルを満たすように設計されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]